【帰国のその後】 初めてのハワイ その22 番外編2

オアフ

 

スポンサーリンク

 

 

はじめてハワイシリーズ LifeSTYLE Factories

 

「番外編」としてその後の事を少々。

帰国してから、俗に言う「カルチャーショック」は大きく、社会復帰はしばらく出来そうもありません。。

 

 

<<<前回の話 初めてのハワイ 最終回 「原色の世界から水墨画の世界へ」

 

 

初めてのハワイ その22

番外編2 帰国のその後

 

 

いろいろ影響というか、おおまかにはこんなところで・・

・日本以外の国を知ってしまった

・向こうの人の仕事や人生に対する考え方の違い

・海と島、そしてサーフィンが日常であるという事

・自分の英語能力の皆無さに気づいた

など、まだまだあると思けど、

すでに心の深くの土壌に根を下ろしてしまったようです

 

 

 


 

初めての海外として、まずハワイを選んだのだけれど、オーストラリアでの長期滞在が当初からの目標であり、会社を辞める上での口実でもありました。

なぜオーストラリアかというと・・

・ 英語圏で治安が比較的良い

・ 自然が豊富でサーフィンに適した環境

・ 人々がフレンドリーで生活費が安いとの評判

などの理由でしょうか。

 

 

 

 


 

さて今の現実はというと・・実家に居るとはいえ、仕事もやめてしまったので、また何処かで働いて貯金をしなければならない。

とりあえず失業保険の手続きを職安(ハローワーク)で行い、以前に街の居酒屋で知り合った「うちでよかったら働かない?」といってくれた石材店を訪ねてみて、週に何日か、海に行きながらでもいいなら、使ってもらえないかと頼んでみる事にした。

ここでの職人の世界の「カルチャーショック」エピソードも事欠かないけれど、これはまたの機会に。

 

 


 

帰国した日本はGW目前で気候も芳しくなってきていて、ウエットスーツは短くなり、だんだんと陽は長くなる。

そして海はこれからが良い季節。

寒くなる冬までに日本を再び脱出する為に、海に通いつつもせっせと働き、目標の貯金をして、12月には日本と季節が逆の、

「夏のオーストラリア」

を目指す事にしよう。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

オーストラリア
ハワイ経由で、念願のオーストラリア着 ホームステイしながらサーフィン中心の生活をめざします 初送迎で車中からとてもいい波見えてきたけど・・なんか凄く大きくてヤバくない?? 英語も語学学校に通い勉強します!!

 

 

 

 

 

 

 

はじめてハワイシリーズ

その1 散々なファーストフライト

その2 ワイキキ着

その3 ファーストフード店でポテイトゥと英語っぽく言ってもぜんぜん通じない

その4 やっとビーチヘ!

その5 ようやく波に乗る

その6 レンタカー借りてみた

その7 スーパーで買出しする

その8 オアフ島一周ツアー そして出会いが!!

その9 出会いのその後は!?

その10 異国の地にて男女4人膝をつきあわす

その11 深夜のワイキキはヤバい!? 出会いのその後は?

その12 番外編といろいろ

その13 レンタカー2台目はマスタング

その14 ノースショアへ

その15 ノースショアをドライブ

その16 レンタカー3台目は何のクルマ?

その17 オアフ島一周ドライブは意外と疲れた…

その18 旅先での日常生活

その19 帰国日近づく

その20 帰国日近づく2 グライダーに初挑戦

その21 最終回 「原色の世界から水墨画の世界へ」

スポンサーリンク