Windows10ではデータ/ファイル保存はDドライブがおすすめ(設定方法を解説)

ネットとデバイス

OSも年を追うごとに進化して使いやすくなっているけれど、避けて通れないのがファイルやデータの管理。

一台のPCだけを使っている分にはいいけれど、故障してリカバリーとか、新規購入や買い替えとなるとデータの移動や管理が面倒になります。

最近はクラウド環境も充実していてデータの保管場所の選択肢は多いけれど、容量やコストの関係でローカルに保存という方はまだまだ多いのではと思います。

この記事ではDドライブ保存を基本とした、Windows10での設定方法について書いて行きます。

保管場所はDドライブがベスト

Windowsをはじめ、たいていのOSはCドライブにインストールされる事が多く、リカバリーや再インストール、OSを入れ替え(Windows7→Windows10)などの際には、Cドライブに保存していたデータはお引越しや退避をしなければなりません。

また、突然のクラッシュやトラブルでOSが起動しなくなる(以前よりはかなり少ないけど)事もあり、停電などによる電源喪失も心配といえば心配ですね。

もしもの時、またはOSの入れ替えなどでエネルギーを使っている時に、データやファイルがちゃんと分かりやすくまとめてあると、危機管理上に有利で、効率的かつ生産的で、精神衛生上もよろしいかと。

そんな訳で、OSがインストールされていないDドライブがデータやファイルの保存場所としておススメなのです。

 

Windows10でのデフォルトは ?? Cドライブ ??

この記事では「ピクチャ」のフォルダを例に上げて説明します。

「ビデオ」や「ミュージック」フォルダも同様に考えてもらって構いません。

さて、Windows10をごく普通にインストールし、

PCを表示させると以下のように表示されると思います。

 

「ピクチャ」のデフォルトの保管場所、すなわちパスは

C:\Users\ユーザー名など\Pictures

となっていますので、これを

D:\Pictures

に変更していきます

 

設定方法

 

・「ピクチャ」のアイコンを右クリックし、プロパティをクリック


 

・場所のタブをクリックし、

D:\Pictures

と入力してから適用をクリック

 


 

・フォルダ ”D:\Pictures” は存在しません

新たに作成しますか? と聞いてくるので

はい(Y)をクリック

 

 


 

元の場所のすべてのファイルを、新しい場所に移動しますか?

と聞いてくるので、これもはい(Y)をクリック

 

 

 


 

・「ピクチャ」フォルダが

 D:\Pictures

に移ったのが確認できます

 

直感で使いやすく

いろいろやり方はあると思いますが、

以上のやり方でフォルダを作成し「ピクチャ」フォルダを移動すると、

どのピクチャフォルダをクリックしても

D:\Pictures に行けます

 

 

あれ? あの写真どこに保存してたかな??

ということがないように

アイコンの絵でもピクチャフォルダだけを追えば

D:\Pictures に行けます

 

PCでの見た目が「ピクチャ」フォルダになっていてもパスが、

D:\Pictures

に統一されているので、ファイルの保管場所が散らばるということがないようです。

 

 

まとめ

今回は「ピクチャ」フォルダで説明をしましたが、

「ビデオ」や「ミュージック」、「ドキュメント」フォルダについても同様の事が可能と思います。

D:\Music D:\Documents

と本来のパスは半角英字にしておくとトラブル時にいいと思います。

 

作業中にシンプルにややこしくしないように、

いざリカバリーの時にもデータはそのまま、

PC移管の際にもデータ移行をスムーズに行えるように

データファイルはDドライブに一本化の設定がおススメです。

 

おしまい

 

 

レンタルサーバーのユーザーの方は、

ストレージ用にFTPアカウント取得もいいかも

 

xserverでFTPアカウントを作成してみる
ブログの運用開始からそろそろ2年。 ようやくに少し余裕が出来てきましたので、レンタルサーバーとしているxserverをブログやメール以外にも活用してみようと思います。 タイトルは「xserverでFTPアカウントを作成してみる」