エクストリーム出社もいいけど、エクストリーム退社のススメ!

やってみた

 

 

退職代行EXIT

 

 

【 エクストリーム出社 】

とは、

早朝から、観光、登山、海水浴などをこなしたのちに出社する事

だそうで、

日常にあそびを取り入れる姿勢は、とてもよいことだとぼくは思います。

 

 

 

 

エクストリーム出社もいいけれど
エクストリーム退社のススメ!

 

 

ぼく自身の、エクストリーム出社ならぬ、

エクストリーム退社

の経験はサーフィン始めたてのころ、

どうしてもうまくならず納得が行かない状態で

モヤモヤ

していて、週末だけではあきたらず、

平日にクルマにボードをあらかじめ積んで出社し、定時ダッシュで海へGOしてました。

 

 

 

 

定時ダッシュとはいえ、夕方の時間帯は道路が混むので会社から海まで道程は小1時間かかってしまいます。

いくら日が長い夏(6月くらいのことでした)といっても、できる時間はみじかいものだったけれど、その時はとにかく海へ行きたいの一心だったのです。

 

そうしてそれから2年半のちに、

本当の意味での退社※1 をし、そしてハワイをめざしました。

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

>>>ハワイをめざしてみる??

 

 

>>>>とりあえず海外に

 

 

 

 

【会社やめたぞハワイに行くぞ】(海外はじめて) その1 散々なファーストフライト
有給消化100%で会社を円満退社!日本を脱出! 激揺れの飛行機はコーヒーはこぼれる、叫び声はあがるの散々なもの・・海外初めて飛行機初めてで英語も話せないけど、エアーチケットと安ホテルを2週間だけ予約というチャレンジャーっぷりで行ってきます!

 

 

オーストラリア
ハワイ経由で、念願のオーストラリア着 ホームステイしながらサーフィン中心の生活をめざします 初送迎で車中からとてもいい波見えてきたけど・・なんか凄く大きくてヤバくない?? 英語も語学学校に通い勉強します!!

 

 

 

 

退社の意味

1 勤務している会社を辞める事

2 その日の勤めを終えて会社から退出する事

 

 

 

 

・この記事はこころ洗う旅のススメでもあります

記事のオリジナルを書いた2013年当時は、

社畜

とか

ノマドワーカー

みたいな言葉はまだあまり聞かれてなかったと思いますが、一度社会や会社などのしがらみから距離を置いて、リセットや再起動をし、自分をみつめる時間というのは長い人生においてとても大事に思うのです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

【オアフ島一周ツアー そして出会いが!!】会社やめたぞはじめてハワイ その8
毎日のワイキキでのサーフィンも楽しいけど、たまには気分を変えてツアーに行ってみます。 観光バスでの遠足みたいで「ワクワク」・・・こういう感覚はとても久しぶり。。 何も考えないで行くとイイことがあるようで、なんと出会いが!?

 

 

リゾートバイトで出会いもお金も思い出もゲット!【リゾバ.com】

 

 

extreme (エクストリーム)

・極度の、非常な、きわめて厳しい、極端な、過激な、いちばん端の、先端の最速、極限、などの意味

・語源はラテン語由来 extremus(最遠の) exter(外側の)などから

■スラングとして、ポジティブにもネガティブにも使われ、
日本語の「ヤバい」「超〜」と同じような意味をもち、

最高!

超楽しい!

超ヤバい!

と最悪なケースにも最高なケースどちらにも使われるようです

 

ちなみに「エクストリーム出社」は日本語だけの表現のようで英語だと、

Do some activities before work.

とごく事務的なつまらない表現です

スポンサーリンク

ぼくが夢中になったサーフィンという、生活自体を変えていかないと成り立たないものにアクティビィティ(activities)という言葉を使うことには疑問であり、サーフィンはスポーツではないと思います

サーフィンを中心とした「ライフスタイル」としていかないと、到達できない楽しみと思いますし、サーフィン以外の事も然りで、それがこのサイトのメインテーマでもあります。

 

 

【深夜のワイキキはヤバい!? 出会いのその後は? 】会社やめたぞはじめてハワイ11
オアフ島観光ツアー後の、3人の女性とのホテルの一室でのささやかな宴も終わると、時計は深夜で午前様。 治安が悪い深夜のワイキキを自分のホテルまでサバイバル・・ストリートガールの「100ドルネ」「ワタシ、ジョウズよ」とか、なんだ~お前らわぁ!!

 

 

 

▼ 会社は辞めずにとりあえず副業で稼ぐ

 

 

 


退職代行EXIT