アドレス110が納車されました

クルマ 乗り物

この記事はアドレス110を購入した(2020年6月8日納車)忘備録のようなものです。

(お暇な方、バイクに興味のある方はお付き合いください)

通勤メインの原付がだいぶくたびれてきたので、近所のバイク屋さんに何か良いのがないか冷やかし半分で行った所、アドレス110を試乗させてもらい、気に入ったので新車で購入しました。

スポンサーリンク

ビフォー アドレス110

その前にこのLet2に10年位乗りました。(通勤が主)

Let2の履歴

・中古で購入してからメーターはすで2回転してしまった

・オイルポンプが故障しているのでオイルは混合してます(2サイクルです)

・一度ベルトが切れたので、自分で交換

・前輪が走行中にバースト、通勤途中だったので帰宅時にバイク屋さんで国産のダンロップに交換

・後輪は安い中華タイヤをamazonで購入し自分で交換したけど多分もう買わない(質がよくない 弾力に乏しい グリップx 耳が外れる事2回)

 

クルマも骨の髄までしゃぶり尽くすかも・・

▼ クルマで17万キロ走ってみた

 

 

Let2(CA1PA)の良かったところ

・2ストなのでガツンとダッシュがいい 暖気がほぼいらない
(最高速はノーマルなのでメーター読みで60km/hに届くかどうか・・原付の法定速度は30km/hです! 安全運転しましょう!)

・取り回しが軽い 気安い ポロいので恐らく盗難の心配が少ない

アドレス110にして良かったこと

・14インチの大径ホイールで安定した走り しかもアルミ

・前輪ディスクブレーキはとても良く効く

・クラストップレベルの99kgの軽量で取り回しは軽い

・メインキーで収納スペースも開けられる

・新車に盗難保険が無料で付いてくる(一年間、自分は2年間にしたので2000円)

 

あいにくの雨でしかも部分ショット・・また今度ちゃんと撮ります

 

アドレス110のちょっと気になった点

・収納スペースは思ったほどなく、レッツ2のメットインの方が奥行きがあった(購入する時は入れたいヘルメットが入るか要チェックです でもヘルメットホルダーは二つあります)

・見方によってはビジネスチックにみえなくもないデザイン

・日本製ではありません(インドネシア製なので逆輸入車!? アドレス125は中国製 上位車種のスウィッシュは台湾製です) 今のところ特に問題はなく、よぉく見ないと気付かないと思います(タイヤも同じくインドネシア製でこれはサイドに書いてあるのですぐにわかる 標準のIRCタイヤはバイク乗ってた人ならおなじみメーカーですね グリップ、触った感じの弾力も問題ありません)

・ウィンカーの音が小さく、戻し忘れてしまう事がままあった

・センタースタンドは雨の日にかけづらい(足で踏む場所が滑る)

・着座位置はやや高め、背の低い人はシートのアンコ抜き必要?かも(見通しが効くという利点でもある)

 

 

ひとこと
エンジンは空冷でロングストロークの単気筒で圧縮比(9.3)も高くはないけど必要十分な印象  キック・セル併用はいざという時ありがたい  タンク容量5.2ℓで燃費が50km位だと、たま~~に給油でしょうか  実際の燃費やスピードなどは随時更新していきます  まだ慣らし(機械、人間とも)中で60km/hまでしか出してません

 

 

はじめての給油、燃費

今日7月7日、仕事帰りに給油しました。

納車が6月8日だったので一ヶ月間を無給油で過ごせた。

ほぼ通勤のみなので距離は伸びずに、

走行距離は 115.2km で

4.0ℓ を給油

満タン方で一応、燃費を計算しますと

115.2km ÷ 4.0ℓ = 28.8km

でした

スポンサーリンク

アドレス110 諸元など

型式 2BJ-CE47A
全長1,845mm 全幅 665mm 全高1,095mm シート高 755mm
装備重量 99kg
燃料消費率 定地燃費値 53.0km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 48.9km/L(クラス1) 1名乗車時

ユニット

AE54 強制空冷4サイクル単気筒 SOHC2バルブ 排気量 112cc
内径×行程 51.0mm × 55.2mm 圧縮比 9.3 : 1
最高出力  8.8PS(6.5kW) / 7,750rpm
最大トルク 8.6N・m〈0.88kgf・m〉 / 6,250rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム

その他

始動方式 キック・セル併用式
オイル容量 0.8ℓ 燃料タンク容量 5.2ℓ
クラッチ形式 乾式自動遠心シュータイプ/変速機形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式(前  油圧式シングルディスク)( 後 機械式リーディングトレーリング)
タイヤサイズ(前 80/90-14 M/C 40P  後 90/90-14 M/C 46P)
乗車定員 2名 価格 217,800円(消費税込み)

 

原付※ → 原付二種の一般的なメリット

自賠責保険はそのまま継続(値段は変わらない)

ファミリーバイク特約(クルマの任意保険に付帯)が使える

二人乗りが出来る

法定速度60km/h(原付の法定速度は30km/h)

スポンサーリンク

メーカー公式サイトへのリンク

 

製品概要 | アドレス110 | 二輪車 | スズキ
スズキ二輪車の「アドレス110」の製品概要ページです。
オーナーズマニュアル | 二輪車 | スズキ
スズキ二輪車の「オーナーズマニュアル」ページです。

 

 

 

 

※原付一種

正式には第一種原動機付自転車 法定速度30km/h