ニュースと話題

ニュースと話題ニュースと話題

関連の記事

【世界一貧しい大統領】外から眺める その4
「世界でいちばん貧しい大統領」と、リスペクトされる、ウルグアイの、ホセ・ムヒカ前大統領(当時80歳)へのインタビュー記事に、おおいに共感!! 一緒に考えて、考えてみたいと思います。 考えのタネっ!!いい言葉です!!
評論家、コメンテーターをやっつけろ!!
報酬を得てメディアで語る御用学者や評論家などのコメンテーターたちの無責任な扇動に渇!・・と言いたい所だけど結局は自分しだい。いらぬ雑音に惑わされない判断基準をしっかりと持つということ。日々勉強し色々な分野に明るくならないといけないですね。

 

関連の記事(So-netブログ)

世界情勢を読む 「ロシア政治経済ジャーナル」: ライフスタイル・ファクトリーズ
  情報源のひとつにメールマガジン。 いわゆるメルマガがあります。 その「メルマガ」も玉石混交で、 よいものを見つけるのは中々難しいですが、 これは大当りでした。 ダイアモンド級!! 【 ロシア政治経済ジャーナル 】  購読は無料!! ・以下メルマガ紹介文より 日本のエリートがこっそり読んでいる
平和三原則、「核の傘」(1970年): ライフスタイル・ファクトリーズ
タイトルの、平和三原則と聞くと、 日本人なら、非核三原則が連想されるのでしょうか。 例の、 「核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」 というキレイゴトは、 この時代にそろそろ通用しなくなってきている気もするのですが、 どうでしょう。 もちろん、 「核兵器も戦争もない世界」 という
平和ボケ バージョン2: ライフスタイル・ファクトリーズ
平和は、戦いと戦いの間におとずれる。 それはつかの間。 例えるならば、 冬と夏の間の春のよう。 そして、 夏と冬の間の秋のよう。 季節はめぐり、気候でさえも変わっていく。 ものごとに永遠なんてない。 生き物である以上、戦うことはさけられない定め。 やるか、やられるか。 野生の生
「映像の世紀」 ときには20世紀を振り返る: ライフスタイル・ファクトリーズ
ここのところ、やわらかい記事が続いたので、 今日はちょっとシリアスに。 ・・・・・・ いよいよ年末が近くなり、一年を振り返る時季でもあるのだけれど、今年起こったニュースは、年の瀬にはもう色あせて見え、時の早さを感じずにはいられません。 時の移ろいに薄れてゆく記憶。 今年一年の出来事でさえこれだのに、10年、2