【吉田カバン】逸品シリーズその8

わたしの逸品

 

スポンサーリンク

 

 

わたしの逸品シリーズ LifeSTYLE Factories

 

横浜に通勤していた頃、会社帰りにかばん屋さんの前を通るたびに気になっていた。

フォーマル過ぎず、カジュアル過ぎもしない。ちょうどいい大きさとスッキリとしたデザイン。

 

>>>逸品シリーズのいちばん人気

【SS厚底フライパン】わたしの逸品シリーズ その2
たかだか「フライパン」ですが、いいものを選びたい! 高いものでなくても、しっかり作ってあって、大事に使えば一生モノになります!!

 

 

【吉田カバン】逸品シリーズその8

さて、吉田カバンとだけ書いてしまいましたが、正式な商品名は、

吉田カバンのラゲッジレーベルのブリーフケース、ニューライナーです。

記事を書くにあたり公式サイトを覗いたところ(覗くだけにしておかないといいものいっぱいで物欲センサー全開となる)、ラゲッジレーベル(LUGGAGE LABEL)は吉田カバンのサブブランドといった位置付けでしょうか。

 

・吉田カバン公式サイト

 

・ラゲッジレーベルがスコットランド国旗に見える件

離合集散 (スコットランド残留): ライフスタイル・ファクトリーズ
離合集散 (りごうしゅうさん) 人々がより集まって仲間をつくったり、また別々に分かれたりすること (goo辞書より) 世界の注目を集めていた、スコットランドのイギリスからの独立は住民投票で否決となりました。 ・スコットランド残留 キャメロン首相が反撃開始「変化

 


 

冒頭にも書きましたが、横浜駅近に通勤していた頃、会社帰りにかばん屋さんの前を通るたびにこれの存在が気になっていました。

フォーマル過ぎず、カジュアル過ぎもしないし、大きすぎす小さすぎずスッキリとしたデザイン。

 

 

そして実際に買う段階になって、手に取ってみると、持ち手の感触も悪くなかった。

ジッパーや、金具の亜鉛(ジンク)も見た目が個性的で、これにも好感がもてました。

迷わず購入。

 

 


 

ただし、ショルダーベルトは買ってすぐに外してしまいました。

スーツやジャケットで肩にかけるのはとても野暮ったいものです。

さらに、ファスナーのリボンというか、それも外して、これでスッキリ感がいっそう増した感じ。

さっそく翌日の通勤にデビュー。

 

 

 


 

まぁ、あんまり会社勤めというのもそんなに楽しいものではないけれど、新しい気に入った「カバン」を手にすると、何となく仕事がはかどりそうな、やる気がわいてくるような、そんな気持ちになるのでした。

あと、イザというときにマチ幅が広げられる(容量が増える)のですが、

10年以上使っていて今までに使ったのは一度きりで、この時は仕事帰りに長野の上田温泉に直行というスケジュールでその荷物を仕方なく詰めたもの。

フォルムが台無しになるのであくまでも緊急時のみです。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

わたしの逸品シリーズ

 

1. BOSE101MM

 

2. SS厚底フライパン

 

3. モレスキンのノート

 

4. Cカンパニーのシステム手帳

 

5. ダナーMOUNTAIN LIGHT

 

6. ジョン・レノンのメガネフレーム

 

7. L.L.Beanのトート・バッグ

 

8. 吉田カバンのニューライナー

 

 

 

 

 

 

9. RRLのベルト

 

10. ノースフェイスのシェラパーカー

 

 

 

 

わたしの逸品シリーズ LifeSTYLE Factories

 

わたしの逸品
そのコンセプトは【長く使えて、よいもの】キッカケは・・ひとめぼれ、プレゼント、ボーナス買い・・など様々だけど、気が付いたら何年も何十年も使っていて身の回りを満たしていた、手帳にノート、料理道具、ブーツにメガネにスピーカーやお気に入りの文具たち

 

スポンサーリンク