【ジョン・レノンのメガネフレーム】逸品シリーズその6

わたしの逸品
スポンサーリンク

 

わたしの逸品シリーズ LifeSTYLE Factories

 

そのコンセプトは、

「長く使えて、よいもの」

わたしの逸品シリーズのその6は

【ジョン・レノンのメガネフレーム】

をとりあげます。

 

 

 

>>>逸品シリーズのいちばん人気

【SS厚底フライパン】わたしの逸品シリーズ その2
たかだか「フライパン」ですが、いいものを選びたい! 高いものでなくても、しっかり作ってあって、大事に使えば一生モノになります!!

 

 

【ジョン・レノンのメガネフレーム】逸品シリーズその6

シンプルで軽い

このメガネの型番は、

JL-211

と刻印がしてあるモデルでとてもシンプルなつくりです。

・鼻パッドなし ・耳にあたる部分も金属がそのまま

という徹底ぶりで、そのクラッシックなデザインはメガネの黎明期を思わせます。

材質だけはチタンとこれは現代的でとても軽く、折りたたむとシンプルさゆえにとても薄くなります。

 

 

拡大表示できます

 

JL-211 = John Lennon モデルを表していると思われます
(拙者、接写が下手で・・すみません。。)

 

購入の背景と装用時間

二十代のなかばに、

コンタクトレンズとメガネ併設の店舗でアルバイト

をすることになりまして、けっこうな近視であることに気がつき、それからコンタクトレンズ使用者となりました。

運転用のメガネはもっていたけど、せっかくこういう所で働くのだからと、なにかいいメガネはないかなぁと物色してたら、

「これしかないと!!」

ひらめき、そこのベテランのスタッフの方に念入り※に作っていただきました。

そういったわけで、それからは基本的に昼間はコンタクト、夜はメガネ。

帰宅してお風呂に入る前に、コンタクトは外してしまい、お風呂上りとともに、このメガネの出番がやって来るというスタイルです。

家にいる休日はほぼメガネです。

 

 

 

※このメガネの特性と自分のPDでのベストマッチなチューニングでレンズカットをしていただきました

・特性 掛けると少し下にズレるのでスイートスポットは気持ち上になる

・わたしのPDは狭め

スポンサーリンク

【PD:瞳孔間距離(左右の黒目の距離)】

 

>>> https://yasssy.com/ips-jl#toc5

処方時のカルテのようなもの

 

あばたもエクボ

見た目に惚れて作ってしまったこのメガネ、欠点もあります。

さきほど書いた通り「 鼻パッド 」がないので、欧米人なみの鼻でないと、丸一日はキツそうです。

 

 

自分は夜と休日だけの装用で、いちおう日本人にしては鼻筋がとおっているようで、なんとか軽くずりおちるくらいで済んでいます。

あと「 耳パッド 」もなく、フレームも細いので長時間は耳が痛いです。

それも味といえば味ですが。

 

 

 

後付対応の鼻パッドもあるみたいです

 

 

さいごに

このデザインのシンプルさゆえの薄さのおかげで、メガネによくある下敷き時の破損(うっかり踏んだり、乗ってしまったり)を免れて来て運よく逸品になったかも・・と今は思います。

ほとんど外で使用していないのもあると思います。

もう20年以上もこれを愛用していて、一度も壊れずに、そして度も変えずにきております。(室内用に度は弱めにしてあります)

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

現在購入可能と思われる、形が近いモデル

・JL-1050 同じチタン採用の近似モデル

・JL-1021 というモデル(鼻あて無しだけど耳あてはあり)

 

・JL-211は現在廃盤なのか検索ではヒットしませんでした、同じのが欲しかった方ゴメンなさい。。

 

あとがき 眼鏡+コンタクトはいつから?

運転免許は裸眼で合格しましたが、十代の終わり位から運転時(特に夜)にあまり見えていないことに気づき運転時のみのメガネを作りました。

じつはあまりメガネは好きでなかったのでかけるのは運転のときだけでした。

二十代のなかばにコンタクトレンズとメガネ併設の店舗でアルバイトをすることになり、けっこうな近視であることを知って、それからコンタクトを装用するようになり世界が変わりました。

スポンサーリンク

そしてこのメガネと出会い、昼間はコンタクト、夜は眼鏡のスタイルとなり現在に至ります。

あまりコンタクトを長時間装用しないのは、働いていたコンタクトレンズとメガネの店舗で眼科も併設していたので、目の不調を訴えてくる人には適切に使用されていないケースが多く見られ、コンタクトレンズの長時間の無理な装用のケースもけっこう見てしまったからだと思います。

 

意図的にボカしてあります

関連記事

 

あなたが望めば戦争は終わる: ライフスタイル・ファクトリーズ
  「あなたが望めば戦争は終わる」 と良いのだけれど・・・現実の世界情勢はきびしい ならばせめて音楽のなかでは、 争いもなくハッピーに年末を迎えたいものです。 今日12月8日、ジョン・レノンの命日にちなんで、 今日の一曲は、 ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)(Happy Xmas (War Is

 

赤盤 青盤 そして「ビートルズ」のその先へ: ライフスタイル・ファクトリーズ
  久しぶりに聞いた、ビートルズの「赤盤」と「青盤」 いまさら説明の必要もない、おなじみの名曲ばかり。 世代を超えて、さまざまなアーティストに愛されている、 ザ・ビートルズのベスト盤。 いまあらためて聴いてみると、しみじみと良い。 聴き始めは高校くらいの時で、レコードからテープに録ってよく聴いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの逸品シリーズ

 

1. BOSE101MM

 

2. SS厚底フライパン

 

3. モレスキンのノート

 

4. Cカンパニーのシステム手帳

 

5. ダナーMOUNTAIN LIGHT

 

6. ジョン・レノンのメガネフレーム

 

7. L.L.Beanのトート・バッグ

 

8. 吉田カバンのニューライナー

 

 

 

 

 

 

9. RRLのベルト

 

10. ノースフェイスのシェラパーカー

 

 

 

 

わたしの逸品シリーズ LifeSTYLE Factories

 

わたしの逸品
そのコンセプトは【長く使えて、よいもの】キッカケは・・ひとめぼれ、プレゼント、ボーナス買い・・など様々だけど、気が付いたら何年も何十年も使っていて身の回りを満たしていた、手帳にノート、料理道具、ブーツにメガネにスピーカーやお気に入りの文具たち