「ライフスタイルを豊かに」記事の強化月間を実施中です!

フランス人は10着しか服を持たないの??ニッポン人は10着だと服が足りないけど・・

ニュースと話題

 

2015年上半期の1位の本のベストセラー、

「フランス人は10着しか服を持たない」

の小洒落たタイトルに触発されてみました。

 

 

 

 

 

 

 

【 内容紹介より 】

典型的なカリフォルニアガールだった著者は、 フランスの貴族の家にホームステイすることになる。 その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、毎日を“特別な日”のように生きること。

そして、

・情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載。

・・・だそうです。

 

 

 


フランス人は10着しか服を持たないの??
ニッポン人は10着だと服が足りないけど・・

 

わたしはフランスに行ったことはないのですが、

「フランス人は10着しか服を持たない」

と、こんなタイトルで本屋に積んであったら、つい手に取ってみたくなりますね。

量より質といった、シンプルで洗練されたイメージを呼び起こします。

 

 

 

 

 

そして、

ファッション、美術、料理などの既存のフランスのイメージとあいまって、

暮らしの質が豊かなのかなぁと、この見出しだけで想像させてしまう、

そんなお国柄のイメージがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

さて、

ここ日本でも、服もシンプルに10着だけと、行きたいところですが、豪雪、ところにより極寒、そして夏には熱帯となり、梅雨なんかもあったりして、

「ニッポン人は10着だと服が足りない」

となってしまいますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・私の逸品シリーズより ノースフェイスのシェラパーカ

 

国のイメージつくりのうまさという点で、フランスという国は見習うべきところが多い国だと思います。

日本人にやや欠けていて、この国がもっと洗練されていく為に必要と思われるヒントを、この本の目次の中から6つあげて、今日はおしまいにしたいと思います。

 

食べる喜びを我慢しない

 

自分のスタイルを見つける

 

ノーメイクみたいにメイクする

 

いちばん良い持ち物をふだん使いにする

 

物質主義に踊らされない

 

教養を身につける

 

 

 

おしまい

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

・同じ著者のジェニファー・L・スコットさんの絵本

イラストは、たんじあきこさん

 

 

 

関連とおすすめの記事

 

【Cカンパニーのシステム手帳バイブルサイズ】吸い付くような肌触りで手になじむ 逸品シリーズ その4
デジタル全盛時代に、あえて「書く」という楽しみ。お気に入りの手帳があればなおさら。熟練の職人たちが丹精込めてつくり、長く持てば持つほど愛着がわいてきます。Cカンパニーのシステム手帳は「手放せない使い心地」

 

売れるキーワード: ライフスタイル・ファクトリーズ
    今朝のニュースからで、 今年上半期のベストセラーが、それぞれ発表されました。 ・上半期最も売れた本は「長生きしたけりゃ…」 順位と部数は以下のとおりで、 いずれもまだ読んでいないけれど、本屋に積んであったら、 つい、手に取ってみたくなるようなタイトルばかりです。

 

SHINKANSEN と TGV: ライフスタイル・ファクトリーズ
    「SHINKANSEN」 そして 「TGV」 どちらも世界の高速鉄道の代表であり、ライバルどうしでもある。 土俵 ※1 もちがうし、 車両 ※2 も違うので、 一概に比較はできないけど・・・最高速アピールなどのマーケティングのうまさ

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました