呪われた夜 One Of These Nights

コラムと読みもの

 

はじめに

2016年の1月18日に亡くなりました、イーグルスの「グレン・フライ」を偲んで、

呪われた夜(One Of These Nights)

という、このバンドのアルバム名を題に借り、ぼくがイーグルスにはまっていた頃のストーリーをお届けしたいと思います。

 

 

そう、あの晩はまさしく 呪われた夜 だった。

 

記事初出2016年1月24日

 

 

 

呪われた夜

日本列島はバブル真っ只中で、景気のとてもいい時代だったけれど、その頃会社に入ってからのぼくはというと、すっかり女の人と縁遠くなってしまっていた。

職場には女性が居ない訳ではないのだけれど、なんとなくこの場所では、男女間を支配している原理が根本的に異なるみたいで、違う世界に来てしまった気がしていた。

今迄の学生時代が恵まれ過ぎていたのかもしれない。 所詮過ぎた事だけど・・

いつかそのうちに、なにかが起こるという様なムードは職場にはぜんぜんなく、

「彼女がほしけりゃ、なにか行動を起こす」

必要があった。

 

 

 

 

 

 

 

新しい職場で働き始めるというのは、とてもストレスが掛かることで、ましてや学生から社会人なんていうと、180度近くも生き方を方向転換させられた気分で、世の中との向き合い方を変えていく必要性に迫られていた。

だけれども・・人間というのは順応性があり・・慣れてしまう動物でもあり、たくましいと言うべきか、図々しいと言うべきか・・・イヤ~な業務にも、ウルサイ先輩にも、対処の仕方がわかってくる。

すなわち、「仕事に慣れてくる」と、周りがすこし見えるようになってきた。

「あれ、この人けっこう可愛いかも」

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思うのは、急に押えつけらてしまったその分、浮わついた気持ちが、反動として出てきてしまったのかもしれない。

彼女は日に一度か二度、うちの課に図面を取りに来て、あっという間に帰ってしまうだけなのだけれど、ひと言ふた言とことばを交わし、天使のようなほほえみを毎日見ているうちに、男だったら、すこしだけ惚れてしまったとしてもおかしくはない、そんな姿。

「うーん、やっぱり可愛いな」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

つぶらな瞳の彼女にちょっとだけ恋心。

一度火がついてしまうと、それを消すのは簡単ではなくなるから、見た目だけでなく、彼女の色々なことを知りたいと思うようになった。

新入社員ではないから、ぼくよりも年上なのは間違いないだろうけど・・

なんとか彼女のことを知りたいと思っていたその矢先、職場の先輩女子が、同じ課の若い連中だけで食事でも行こうかと誘ってくれ、先輩女子3人とぼくひとりの4人のメンバーで、クルマを出して運転するのは、ぼくの役目になった。

これはいい機会・・話ついでに、彼女の事をちょっとだけでも聞きだす事ができればと、見た目どおりに天使なのか、それとも悪魔なのか、その両方をちょっとづつ兼ね備えた理想の女性なのか、つぶらな瞳はいつわりの瞳でないのかを探るべく、

 

チャンス到来

 

 

 

>>>次回話につづきます

 

 

 

 

呪われた夜(One Of These Nights) その2

淡い期待で先輩女子社員との会食に望む

クルマはぼくが用意し運転で実家のプレリュードを借りて、流すべき曲なんかも考え、店はあのトンカツ屋かな?と色々と色めきたった

道中、和やかなムードで女子トークがはじまり、運転のぼくはほぼ聞き役

ふと音楽が途切れ、オートリバースでカセットテープはB面に変わったその時にぼくが耳にしたのは・・・

 

>>>次回話

 

 

 

 

 

 

イーグルスの関連記事

今日の一枚「ベスト・オブ・イーグルス」: ライフスタイル・ファクトリーズ
  クリスマスまで、あと10日程となりました。 テレビもラジオも、お店の中もクリスマスミュージックが全盛期だけど、 ここはちょっと気分を変えて、今日はこれ。 ベスト・オブ・イーグルス 「イーグルス」 といえば今年の話題は・・「楽天イーグルス」・・だけれど、こっちの「イーグルス」も忘れ

 

 

呪われた夜
ワーナーミュージックジャパン
¥1,650(2020/06/17 00:42時点)

 

 

・過ぎた事 Already Gone (1974年)

・いつわりの瞳 Lyin’ Eyes (1975年)

・呪われた夜 One of These Nights (1975年)

 

 

 

スポンサーリンク