「ライフスタイルを豊かに」記事の強化月間を実施中です!

お寺のスピーカはBOSE・ボーズ・坊主?

ニュースと話題

お寺のスピーカはBOSE・ボーズ・坊主?

わたしの母方の家のお寺さんは東京にあり、スカイツリーがちょっと見上げられるくらいの場所なのだけれど、このまえの法事の際に本堂にスピーカーが備えてあるのにふと気がついた。

なるほど大人数の場合には住職がマイクを使って、ここから増幅された音が出るんだなと思い、天井からブラケットでぶらさがっている、その黒い四角い箱のメーカーをついついチェックしてしまった。

 

 

 

 

 

 


 

「さて、お坊さんが好むスピーカのメーカーはどこでしょう?」

スポンサーリンク

などと、すぐに答えの分かってしまいそうななぞなぞは、坊主だけにボーズ、すなわちBOSEと、さして重要でもなく、当面役に立ちそうもない事を考えてしまうのがわたしのくせでもあります。

そしてそのお寺さんのスピーカは残念ながら坊主じゃなかったのだけれど、この広い日本のどこかにはシャレの分かる住職がBOSEを選んでみたり、そうじゃなくても音質のすばらしさでボーズを使っているお寺さんがありそうな気もしてきた。

 

 

 

 

 

 

・VECLOS MSA-380S


 

もうひとつの気づきは、近年は多いのかもしれないけれど、その本堂には椅子が備え付けてあることで、正座でない椅子に座っての法要は初めての経験でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

さて、法要がはじまると、またしょうもない思考が芽生え始めてしまう。

読経はなにかラップミュージックにも思え、

「ポクポク」 「チーン」 「ジャーン」

と木魚くらいしか名前が浮かばない無教養っぷりだけれど、独特の音を奏でるそれらのものたちも楽器にも思えてきて、住職のお経の抑揚というか節というか、その声が楽器たち?と絶妙の間をとっており、眠気を誘う音楽・・としか聞こえなくなってきて、正座でない椅子の楽さも手伝い、つい、うつらうつらと船を少し漕いでしまったようだ。

 

 

 

 

私の逸品シリーズ その1 BOSE101 MM: ライフスタイル・ファクトリーズ
  「私の逸品シリーズ」などと言うと、ちょっと大げさだけど、 「長く使えて、よいもの」 という事に尽きると思います。 第一回は、 「 BOSE101 MM 」 アメリカ、ボーズ社のコンパクトなスピーカーで、今もベストセラー。                                         

 

いい音楽には

「気持ちよくなる」 「眠くなる」

といった共通のことがあるなぁと、思い起こさせてみたところで、法要中の居眠りの言い訳にはなりませんね。。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

※木魚は読経の際に拍子を取って打ち鳴らし、眠気覚ましの意味もあるそうです・・

木魚といいますがよくよく見るとお寺さんで見かけるのは魚にはあまり見えない気もしますね。

含まれる「魚」の字のこころは、眠らない魚のように(ホントは目を閉じてないで寝てる)修行僧は怠惰になってはイカンとの意味があるそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

逸品シリーズ LifeSTYLE Factories

【ダナー・マウンテンライト】雨でも雪でも快適な 「信頼の定番モノ」逸品シリーズその5
【ヘビーデューティ】という言葉がピッタリのこの靴! そろそろ20年選手ですがいまだ活躍中!! 特に冬は降雪時やボードの際、防水性やビブラム底のグリップ感がありがたく、厚みのあるレザーの包まれ感とともに、雪道などでも気兼ねなく歩けて頼れる存在なのです
【SS厚底フライパン】わたしの逸品シリーズ その2
たかだか「フライパン」ですが、いいものを選びたい! 高いものでなくても、しっかり作ってあって、大事に使えば一生モノになります!!
【Cカンパニーのシステム手帳バイブルサイズ】吸い付くような肌触りで手になじむ 逸品シリーズ その4
デジタル全盛時代に、あえて「書く」という楽しみ。お気に入りの手帳があればなおさら。熟練の職人たちが丹精込めてつくり、長く持てば持つほど愛着がわいてきます。Cカンパニーのシステム手帳は「手放せない使い心地」
【ジョン・レノンのメガネフレーム】逸品シリーズその6
これであなたも【ジョン・レノン】(になった気分・・) メガネ黎明期のシンプルで飽きのこないデザイン。 だけど素材はチタンで超軽量級。 折りたたむとそのシンプルさゆえにとても薄くなり、これが万一の踏みつけなどに耐えてきて逸品となりました。

 

 

 

 

『ひとすじあざやかに輝きおちる』ショート・ストーリー  クリックで読めます

2台の古いクルマとそれをとりまく家族のストーリー。クルマ大好きな父、僕はクルマとメカには弱い。いまは亡き母。姉も遠い国にいる。ある晴れた暑い日に僕が久しぶりに実家に行くとせっせとジャグワーEタイプを磨く父がいて、そして物語が動き始める。

 

シリーズ連載開始 「サトシマン」が行く!!  クリックで読めます

あおり運転、スマホのながら運転、無謀自転車などのKYな行動に喝! 道路はみんなのもの!! 最近SNSで話題の謎の路上パフォーマンスで世間を騒がしている「サトシマン」が登場

タイトルとURLをコピーしました