【今日は何の日?】世界初の日本語ワープロ発表 1978年9月26日

ニュースと話題

※アイキャッチ画像はイメージです (タイプライターって・・!?)

 

【 今日は何の日? 】

世界初の日本語ワープロ発表 1978年9月26日

スポンサーリンク

世界初のワープロ お値段いくら? 重さは??

9月26日(1978年)は世界初の日本語ワードプロセッサ、

東芝「JW-10」

が発表された日です。

 

実際の発売は翌年の1979年2月で、なんとそのお値段は630万円!!

そして重さが220kgもある・・大型バイク並みですね。

 

 

おどろきの220キログラム!!

 

 

いまは役目をほぼ終えたワープロ(死語?)

ワープロ

という言葉じたい死語の気もするけれど、多くの電気製品と似たような運命で、その後の低価格化と軽量化により、ビジネスはもとより、広く家庭にまで行き渡る事となりました。

・・・・・・

そんな東芝でワープロといえば、Rupo(ルポ)があり、90年代の一時期よく使用(私用)していた覚えがあります。

持ち運び可能だったので重さは10キロ以下と思われます。

 

 

 

 

 

日本語入力のルーツ

時が前後しますが・・・

自分の場合、以前記事で書いた家具屋でのバイトでPC98の日本語(漢字)入力に初めて触れることになり(1980年代です)、

その後は、 一太郎 ⇒ MS-WORD ⇒ ソーメニー の流れで来ています。

そして時代は進み、当然のように携帯やスマホでも日本語(漢字)入力があたりまえとなり、重さはもはや「キロ」ではなく「グラム」単位となりました。

 

 

 


 

驚愕の88g (iPad touch)

 

 

 

さいごに

今や、
携帯/スマホやPCは日本語変換がなくては成り立たちませんが、

「日本語ワープロ」

がそのルーツとなっている事は間違いないと思われます。

お彼岸も過ぎてしまいましたが、時には世界初の日本語ワープロで日本語変換のご先祖さまである「JW-10」に思いを馳せるのもいいのではないでしょうか?

 

 

 

おしまい

 

 

・プロジェクトX 挑戦者たち 運命の最終テスト~ワープロ・日本語に挑んだ若者たち

 

 

今日は何の日?

>>>NHKスペシャルが放送開始(1989年4月2日)

 

関連記事

>>>「映像の世紀」ときには20世紀を振り返る

 

 

あとがき

 

まだワープロが一般的でない頃に家具屋でのバイトでPC98を使い日本語(漢字)入力で顧客名簿を作成していました。

日本語入力の環境はPCがベースで、それにアプリケーションを入れて動かす時代だったと思います。

当時はローマ字入力でなく、かな入力でやっていて、それが普通だと思っていたのでいまだにキーボードではかな入力です。

かな入力に慣れると、打たなければならないキーがかな入力の方が少ないので速いです。

PCはいいのですが、パッド系やスマホはその小ささからローマ字入力がほとんど(全て?)で、これにはちょっと・・まごつきます。。

(だいぶ慣れましたが)

 

 

 

当サイトのおすすめ記事

 

お時間のある方、よろしければ当サイトの記事でお楽しみください

 

いちばん人気のTipsカテゴリー

Tips
■エアコン一台だけの全館空調でエコも快適も両立! ■わが家のWi-Fi不正侵入事件にさっそく捜査開始!! ■超速!!4分で出来るたまごサンド ■4つの○○○であなたもキレイに日焼けできちゃう・・など人気記事詰め合わせ

 

 

わたしの逸品シリーズ

わたしの逸品
そのコンセプトは【長く使えて、よいもの】キッカケは・・ひとめぼれ、プレゼント、ボーナス買いetc・・など様々だけど、気が付いたら何十年も使っていて身の回りを満たしていた、手帳、料理道具、ブーツにメガネにスピーカーやお気に入りの文具たち

 

 

海外

海外
初めてのハワイではファーストフード店でポテトすら頼めない屈辱! オーストラリアのホームステイでもばあさんや女の子にイジられてしまう。。すこしは上達したマウイ島でも・・やっぱり色々ハプニングが・・・

 

 

ブログ運営

ブログ運営
【稼げるブログ】をあなたもはじめてみませんか? ・ブログ開設 ・ワードプレス/Cocoonテーマ ・Googleアドセンス/Amazonアソシエイト ・グーグルマップをブログに貼り付けるには? ・So-netブログ/SSブログ関連