クルマ関係記事の強化月間を実施中です!

外から眺める その4 世界一貧しい大統領

ニュースと話題

 

・当記事は2016年4月にSonetブログ向けに書かれたものを新ブログ向けに読みやすくリニューアルしました。

 


 

「世界でいちばん貧しい大統領」

と、リスペクトされる、先日に来日した南米ウルグアイの、ホセ・ムヒカ前大統領(当時80歳)へのインタビュー記事に、おおいに共感する所がありましたので、いくつかの印象的なことばを引用し、一緒に考えてみたいと思います。

 

 

 

【当時の世界一貧しい大統領へのインタビュー記事から】

・富を求めるよりも人生には大切なことがある

・広島へ行くのは日本人へのリスペクトです

■インタビュー記事

 

 

 

 

 

 

 


 

「大統領??のプロフィール」

 

所詮お金持ちだろ・・権力者の言うことなんか・・成功したからでしょ・・

の声も聞こえそうですが・・・

このムヒカさん、貧困、ゲリラ活動、投獄など衝撃の過去をもち、若かりし(1960年代)ころには都市ゲリラのメンバーとして、武装闘争に加わり投獄4回に、脱獄が2回、銃撃戦で6発撃たれて重傷を負い、そして軍の独房暮らしも10年などという、社会の底辺をからだで知る男なのではと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

その後、一国の長となりながらも、給与の大部分を財団に寄付したり、官邸には住まない、愛車は「ビートル」ことフォルクスワーゲンのタイプ1、一説にはひと月1000ドル強での暮らし、などと、つつましい暮らしを貫き通してきた、なかなかの人物と思えます。

 

「世界が抱える諸問題の根源は、我々の生き方そのものにある」

 

と説いた2012年の国際会議での伝説的スピーチで一躍時の人となり、また、アメリカとキューバの国交回復にも、大きな役割を果たしたとも言われています。

 

 

 

 

 

 

・フォルクスワーゲン ビートル 1967モデル

 


 

貧しさも権力も知っているであろうこの人、
見方によっては左よりの理想主義者と思えなくもないのですが・・

「世界はどうなったらよくなるか」

って事を本気で考えてるんじゃないかなって、インタビューの言葉ひとつひとつから感じられ、またそれをさんざん考えに考え抜いた人だなという印象を受けました。

そうして日本に対する下記の引用も当然的を得たものになっています。

 

 

「私がさまざまな場で提言してきた考え方は、もしかしたら日本で伝統的に引き継がれてきた文化と、根底で通じているのではないでしょうか。日本の良い伝統文化というものが、いま、西洋化された文化によって埋もれて見えなくなってしまっている、そういう状態なんじゃないですか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

また、生き方や発言だけでなく、大麻を合法化という大胆な政策を実行した事でも知られ、非合法組織を排除し、中毒者の健康問題にも対処した、という現実的な手腕もうかがえます。

 

「私たちが目指したのは、マリ●ァナを管理することです」

「ドラッグに賛成しているわけではありません」

 

との言葉には、単純にマリ●アナいけません的な古い考え方でなく・・・

 

「若者を犯罪集団の手に渡してはいけない」

「麻薬自体よりも麻薬を取引している集団の方が悪い」

「中毒からは脱却できても、組織からは抜け出すことはできない」

などのそれにつづく言葉は、薬害よりもおそろしいのは人間という、物事の本質をよく見ていて、世界をホントによくしていきたい気持ちの現れを感じます。

 

 

 

 

 

 

 


 

「世界はネクタイを使わないことでよくなる」

 

ムヒカさん、もしやクールビズ推進派??

いえいえ・・・

世界を変えるために闘ってきましたけれど、私の目指しているのは、ネクタイを使いたい人は使えばいい、使いたくない人は使わなくていい。そういう世界です。私は個人的には質素な暮らし、抱え込まない人生というのが良いと思っています。でも、同じ考えを誰かに強制したいとは思いません。自由のために戦っていますが、自由というのは他者がしたいことを妨害することではありませんよね

 

ここから私が連想したのは、ネクタイの結び方って一説には絞首刑とおなじで、
それを身につけるということは、だれかの奴隷と一緒ということ。
見えない世界の支配者からへの脱却を暗に意味しているのではと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

さて、引用したい言葉はたくさんありますが、
あまり多くても意味がないので、これが最後。

根本にあるのが なんといってもこれで、

「私がしていることは、考えの種をまくということです」

個々が考える時代に来ているのを予見しているとも思えます。

 

日本からは地球の裏側とも言える南米のウルグアイの、そして年齢的にはわたしの亡き親父と同世代のホセ・ムヒカ前大統領の、意味のあることばでしめくくりたいと思います。

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 関連のおすすめ記事 】

 

外から眺める3 素晴らしい●●: ライフスタイル・ファクトリーズ
    あんがい、自分の事って、 知っているようでいて、知らないもので、 人から言われて、気付く事って結構ありますよね。 「うすうす気付いてはいた」 「知ってはいるんだけれど、認めたくない」 「隠しておきたかった」 「こんなの自分じゃない」 「消したい過去」 _______...

 

ポータルサイトを考える: ライフスタイル・ファクトリーズ
    人というものは、知らず知らずのうちに 身の回りの様々な事から影響を受けてしまう。 出会った人や周りの人間、テレビにラジオなどのメディア、 本や映画に音楽や、街を歩いていてもそうだ。 「ポータル」もそのひとつ。 _______________________________________...

 

 

 

やっしーブログ@雑誌スタイルのおすすめ記事

 

 

 ・ クルマ 

 

 

 

【レンタカー借りてみた】会社やめたぞはじめてハワイ その6
会社やめた! ハワイへ一人旅に出た! 英語は話せないけどハンバーガーも注文できたし、ワイキキビーチで波にも乗った!! 調子に乗って、お次はレンタカーなんか借りちゃってみようかと
【 海を渡る 】 17年17万キロストーリーその19
クルマでそのまま海は渡れませんが、おフネを使って島までイケました・・潮まみれのマーボーと港でご対面。 これ大丈夫かな?? そして、島でのクルマ生活をエンジョイしようとした矢先に、やっぱりハプニングが。。
【ガス欠には「押す」その2】 17年17万キロストーリーその7
タイトルでほぼネタバレすみません。。 夜景がすばらしいと評判のxx峠の途中にある展望台。 彼女をクルマのナビシートにのせ、それを眺めに行ったはいいけれど・・思わぬアクシデントが二人にふりかかる!?     

 

 

 

 

 ・ 実用 生活 

 

 

 

【超速!4分で出来るたまごサンドレシピ】マヨなしver.であの「ラピュタパン(それ風) 」にも!
ホントに4分で出来ちゃう!! 「たまごサンド」レシピ。 忙しいあなたの小腹を満たしてくれること間違いなし!! いそがしいあなたの時間を節約!!
【部屋の蚊対策はコレ一本でOKだった!】安心して眠るために
人類最大の敵であり、脅威でもある 「 蚊 」 睡眠時間を奪われて 「 発狂 」 とならないうちに・・・手を打ちましょう!!

 

 

 

 ・エッセイ ブログ開設 

 

お寺のスピーカはBOSE・ボーズ・坊主?
母方の家のお寺さんでの法事でのあることないこと。 本堂の天井にブラケットでぶらさがっている、その黒い四角い箱のメーカはいかに? 坊主??
ショート・ストーリー 【ひとすじあざやかに輝きおちる】
2台の古いクルマと、それをとりまく家族のストーリー。 クルマ大好きな父だけど、なぜか僕はクルマとメカには弱い。 いまは亡き母。 姉も遠い国にいる。 ある晴れた暑い休日、僕が久しぶりに実家に行くとせっせとクルマを磨く父がいて、そして物語が動き始める
【ワードプレス】稼げるブログをはじめるために必要な6つのこと
稼げるブログを開設したい方必見!! ブログには稼ぐだけではない自分発見の魅力もあります!! 「でも、ムズかしそうだし・・・」 いえいえ、けっこう皆さんお手軽に開設できちゃってるようですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました