クルマ関係記事の強化月間を実施中です!

【今日は何の日?】世界初の日本語ワープロ発表 1978年9月26日

ニュースと話題

※アイキャッチ画像はイメージです

記事初出2012年9月26日

【 今日は何の日? 】

世界初の日本語ワープロ発表 1978年9月26日

スポンサーリンク

世界初のワープロ お値段いくら? 重さは??

9月26日(1978年)は世界初の日本語ワードプロセッサ、

東芝「JW-10」

が発表された日です。

実際の発売は翌年の1979年2月で、なんとそのお値段は630万円!!

そして重さが220kgもある・・大型バイク並みですね。

 

おどろきの220キログラム!!

 

 

 

 

 

 

・ハーレー純正  ロングブロックエンジン Twin Cam 96 シルバー 16200100


いまは役目をほぼ終えたワープロ(死語?)

ワープロ

という言葉じたい死語の気もするけれど、多くの電気製品と似たような運命で、その後の低価格化と軽量化により、ビジネスはもとより、広く家庭にまで行き渡る事となりました。

・・・・・・

そんな東芝でワープロといえば、

Rupo(ルポ)があり、

90年代の一時期よく使用(私用)していた覚えがあります。

持ち運び可能だったので重さは10キロ以下と思われます。

 

 

 

 

 

 

・ワープロ 東芝 ルポ Rupo JW06P

 


日本語入力のルーツ

時が前後しますが・・・

自分の場合、以前記事で書いた家具屋でのバイトでPC98の日本語(漢字)入力に初めて触れることになり(1980年代です)、

その後は、 一太郎 ⇒ MS-WORD ⇒ ソーメニー の流れで来ています。

そして時代は進み、当然のように携帯やスマホでも日本語(漢字)入力があたりまえとなり、重さはもはや「キロ」ではなく「グラム」単位となりました。

 

 

 

 

 

 

・Apple iPhone SE 32GB MP842J/A 本体SIMフリー

驚愕の113 g (iPhone SE)

 

スポンサーリンク

 


さいごに

今や、
携帯/スマホやPCは日本語変換がなくては成り立たちませんが、

「日本語ワープロ」

がそのルーツとなっている事は間違いないと思われます。

お彼岸も過ぎてしまいましたが、時には世界初の日本語ワープロで日本語変換のご先祖さまである「JW-10」に思いを馳せるのもいいのではないでしょうか?

 

 

 

おしまい

・プロジェクトX 挑戦者たち 運命の最終テスト~ワープロ・日本語に挑んだ若者たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ライフスタイル・ファクトリーズ LifeSTYLE Factories

 

『ひとすじあざやかに輝きおちる』ショート・ストーリー

 

2台の古いクルマとそれをとりまく家族のストーリー。クルマ大好きな父、僕はクルマとメカには弱い。いまは亡き母。姉も遠い国にいる。ある晴れた暑い日に僕が久しぶりに実家に行くとせっせとジャグワーEタイプを磨く父がいて、そして物語が動き始める。

 

『ひとすじあざやかに輝きおちる』
『ひとすじあざやかに輝きおちる』2
『ひとすじあざやかに輝きおちる』3

 

ショート・ストーリー 『 ひとすじあざやかに輝きおちる 』 4
いかついガイジンは姉ちゃんの旦那さんだった! 慣れたオヤジはまるで洋画のワンシーンみたいにさっと挨拶をかわす。 青いひとみのまだちいさい姪を抱き、5人そろって家族みたいに雨上がりの駐車場へと向かった

 

 

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました