「ライフスタイルを豊かに」記事の強化月間を実施中です!

至高の【入浴+ひげそりタイム】

リラックス 健康 アレルギー
この記事は30秒くらいで読めちゃいます

至高の【入浴+ひげそりタイム】

So-netブログでの人気記事、至高のひげそりタイムを、

リニューアルしました

【ひげそり+入浴】のリラックスタイム

至高などと少しおおげさなタイトルですが、

【 ひげそり + 入浴 】

は、わたしの一日の終りの大いなるリラックスのひとときなのです。

 

 

 

 

 

 

 

・ミューレ TRADITIONALクラシックシェービングセット メタルS099M89SR2


まずは、風呂を沸かす

まず、風呂を沸かして、

ゆったりと浸かり体をあたためます。

これだけでも相当くつろぎますけれど、
長く入れるようにあまり熱くはしないのがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ひげそり開始のタイミングは?

ほどよく体が温まり、全身の筋肉がほぐれたところで、

ひげそりタイムに突入します。

 

ひげはあまり濃い方でないので・・

夕方~夜の入浴時に剃ってしまい、基本、朝は何もしません。

 

 

 

 

 

 

 

・[REDECKER/レデッカー]シェービングブラシ(白豚毛)


湯船に浸かったままでのシェービングのコツ

湯には浸かったまま、顔を湯で洗い、あたため、水気をあたえてやります。

湯気で曇った手鏡をクリアにし、顔にシェービングクリームを軽くぬり、

簡抜をいれずに剃り始めます。

(時間がたつとクリームも顔も乾いてしまうので)

 

 

 

 

 

 

 

・ミューレ トラベルシェービングキット Fusion対応 (RT2F)


カミソリ、どれを使う?

最近のお気に入りは一本刃のかみそり。

上のおでこの方からうぶ毛を剃りつつ、眉のかたちを整え、

顔全体の泡を少しずつむいていきます。

 

 

 

 

 

 

・フェザー プロフェッショナル アーティストクラブSS 日本剃刀 PG-15


 

傷のリスクもあるけれど、安全カミソリにはない肌へのあたる感触をゆっくりとたのしみます。

さすがに凹凸のあるところはむずかしいので、最後に安全カミソリを使い、剃り残しが無いように仕上げます。

 

 

 

 




ガレイド・シェービング・メンバー(カミソリ定期便)


さいごに

たかだか「入浴+ひげそり」だけのことですが、一日の疲れもとれて、肌もピカピカになり、なにかすこし前向きな気持ちがめばえてくるから不思議です。

まとめをカンタンに箇条書きにして終わります。

■シャワーで済ませずにお風呂を沸かす

■電動シェーバーでなく、あえてアナログなカミソリで、しかも一本歯のあまり安全ではないタイプのものを使う

等々・・・ケガのリスクもあり、時間と手間もかかりますが、忙しい一日の中で、このくらいは、自分の素顔と向き合う時間(ここが一番大事かも)があってもいいのかなと思います。

 

おしまい

 

 

 

スポンサーリンク

あとがきと今後の課題

至高などとなにやらエラソーな記事を書いてしまいましたが、この「入浴時間を捻出」という事だけでもなかなか忙しい毎日にあってはおっくう・・であり、そして夏の間はどうしてもシャワーばかりになりがちでもあります。。

記事の中で「曇った手鏡」とありますが、お風呂で使うならそれ専用のものが欲しいかなと最近思っています。
(曇りではなくウロコがつくと拭いてもダメ、歯磨き粉とかで磨いてその場しのぎしたりして)

手鏡問題その2 浴室で落として割ってしまうこと過去2回・・曇らなくて、割れにくいのを今、物色しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

既存の価値観に縛られない、新しいライフスタイルをめざして!!

   ライフスタイル・ファクトリーズ      LifeSTYLE Factories    

 おすすめ記事 

 

エクストリーム出社もいいけど、エクストリーム退社のススメ!
【 エクストリーム出社 】もいいけど【 エクストリーム退社 】もやってみよう!! 日常にあそびを取り入れる姿勢に激しく賛成。 定時ダッシュで海へGOしましょう!!

 

エアコン一台だけで二階建て一軒家を冷やす‼︎ エコも快適も両立する‼︎
エアコン一台だけで家全体は冷房出来るの? 電気代は?? 快適なの???  最近の「危険な暑さ」に「家全体を冷やす対策」をうちだしたわが家  家まるごとを大きな冷蔵庫のようにしてしまうやり方とも言えます

 

 

『ひとすじあざやかに輝きおちる』ショート・ストーリー  クリックで読めます

2台の古いクルマとそれをとりまく家族のストーリー。クルマ大好きな父、僕はクルマとメカには弱い。いまは亡き母。姉も遠い国にいる。ある晴れた暑い日に僕が久しぶりに実家に行くとせっせとジャグワーEタイプを磨く父がいて、そして物語が動き始める。

 

シリーズ連載開始 「サトシマン」が行く!!  クリックで読めます

あおり運転、スマホのながら運転、無謀自転車などのKYな行動に喝! 道路はみんなのもの!! 最近SNSで話題の謎の路上パフォーマンスで世間を騒がしている「サトシマン」が登場

タイトルとURLをコピーしました