クルマ関係記事の強化月間を実施中です!

【レンタカー借りてみた】会社やめたぞはじめてハワイ その6

オアフ

■ はじめてハワイシリーズ LifeSTYLE Factories

はじめてのハワイへのひとり旅 ( 海外もお初・・)

ハワイはオアフ島、ワイキキの海近の安いホテル(テレビもレストランもありません。。)を拠点に活動開始!!

英語もできないぼくは食べ物にありつくのにもひと苦労だけど・・それでもようやくワイキキビーチのあたたかい海につかり、長旅で干乾し状態のからだに海水をしみこませ、そしていい波をゲットしてホテルへと戻ることができた。

ホテルへの帰り道でも海上にいるときと同じオフショアの風が吹いていて、風速はそれほど強くはないように感じたけれど、その質というか吹き方や、パワーは日本とはなにか異質の物のように思いました。

ハワイに行ったことのある人なら分かるとおもうけど、あのです。

 

■前回のお話

【波に乗る】会社やめたぞはじめてハワイ その5
息も絶え絶えにようやくビーチにたどり着き、潮水につかると生気をとりもどした。 沖へとパドルアウトしていく。 青くて温かい海に浮かび気分はサイコー!! そして波にも乗ってもっとサイコーと行きたいところだけど・・ジャマものが・・・

■ はじめてハワイシリーズ LifeSTYLE Factories


 

さて、波にも乗れたので、お次はクルマを調達しようと思い、歩いていけるホテル近くの標準的なレンタカーの店へと足を運んでみます。

「標準的な」というのは、あとで発見した事だけど、フェラーリ専門のレンタルやハーレーのレンタルなど、血が騒ぎそうな店が幾つもあったからなのです。

せっかく初めての外国なので日本車じゃないほうがいいな・・そしてサーフボードを積まないとならなくて、キャリアもいらず盗難の心配がすくない中積みができる室内広めのクルマがないかな・・・と物色していたら、手ごろなステーションワゴンがあったのでそれに決めました。

フォードの「トーラスワゴン」です。 2世代目のやつ。

駆動方式はFFだけど、エンジンはV6の3リッターで、全長は約5mほどあり、第一印象は「デカい!!」

実家には同じメーカーであるフォードの※テルスターワゴンがあり、たまに借りて乗っていたけど、これが中型サイズと考えるとこのトーラスは大型サイズ?でしょうか。(アメ車にはもっとでかいステーションワゴンはあると思います フルサイズのもの)

今では大して驚かないけど、当時は大きいなぁ~と感じましたね。 車体もそうだけど、荷室もデカイ。 そして左ハンドルだから右側通行しなきゃダメなのね。。

レンタカーのオフィスでは運転免許は日本のライセンスでOKと言ってくれました。 日本語の免許証この人読めてたのかな??の疑問は頭をかすめました。 あと、保険がややこしくそして高いけれど、ここはテキトーにみつくろい、あんまり必要なさそうなオプションも選択して少し損をしてしまったかもしれないけど、そそくさと契約をすませサインしてしまいます。

まぁ「習うより慣れろだ」という事で、さっそく路上へ出てみます。

 

スポンサーリンク

 


 

最初、気になった大きさは運転するうちにすぐ慣れてきました。 たぶん道の設計じたいが日本とくらべておおまかなのでしょう。

これよりちょっと小さいコンパクトカーと呼ばれるクラスのクルマも走っていましたが、このトーラスワゴンぐらいの大きさのクルマはアメリカの道では標準的なサイズなのかなとも思いました。

だけれども・・右側通行はちょっとややこしく、慣れるまで時間がかかりました。。そして日本とは図柄がちょっと違う標識があったり、とうぜん英語で書いてある文面にも気を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車禁止くらいはすぐわかるけど、その後の「アンオーソライズドビークルス ウィルビー トゥアウェイ アト ビークルスオーナーズエクスペンス」は無許可のクルマはレッカー移動すっぞ、お前の払いで・・・と走りながら読めて理解?できる??


 

習うより慣れろとはよく言いますが・・
今では空港のレンタカー会社でクルマを借りて空港を出てしまうまでに、日本でしていた左側通行から現地の右側通行へと頭が切りかえられるようになりましたが(ごくたまに帰った成田のパーキングを出た道で逆走しそうになります・・) 当時はなかなか慣れなかったです。(特に左折がヘタクソでした) ウインカーは逆、シフトノブも右手で操作だし、あと、キロ表示でないマイル表示のスピードメーターも感覚ができるまではちょっと時間がかかりましたね。

 

スポンサーリンク

 

左右が逆になったので日本とは感覚的に違ったものがあり、マイルとかフィート、それにガロンやポンドなどの、USの単位がからだになじむまでには、ハイウェイの60マイル制限は守らなくちゃとか、何ガロン給油したからいくら払うとかそんな事をへて、すこしずつアタマとカラダに染み込んで行く感じでした。

クルマでよく使うUSの単位として、マイルは距離やスピード、フィートは通れる車幅とか車高とかで、ガロンはガソリンの量、ポンドはクルマとかの重さだったかな。。

 

 

 


 

そんないろいろアタマいっぱいの事はありましたが、ここハワイの交通事情やマナーは総じてよく、初めての土地、初めての海外にしては運転はし易かったと思います。

さて念願の「クルマ」も調達したので、アラモアナ辺りまで買い物に行ってみて、すこしクルマと道に慣れてから、お次は念願のノースショアへと遠出しようかと思います。

 

 

※フォード テルスターワゴン マツダよりOME供給されていた5ナンバーサイズのステーションワゴン カペラワゴンと中身?は一緒でしたよね??

 

その6 おしまい

■ はじめてハワイシリーズ LifeSTYLE Factories

・初めてのハワイ その7 スーパーで買出しにつづきます

【スーパーで買出しする】会社やめたぞはじめてハワイ その7
タウン(ワイキキ)でのサーフィン、そしてレンタカー(フォード・トーラスワゴン)を借りて運転と、はじめてのハワイにしてはガンバっている。 次はみやげもの屋でないごくフツーのスーパーマーケットで食べものの買い出し!

リゾートバイトで出会いもお金も思い出もゲット!【リゾバ.com】

■前回のお話

【会社やめたぞハワイに来たぞ】(海外はじめて)その4 やっとビーチヘ!
ファーストフードすら注文できないレベル・・のぼくの英語・・・店員の混血のおネエちゃんには睨まれっ放し。。でも気を取り直してビーチ行きます! さて、いい波をゲットできるのか??

■ はじめてハワイシリーズ LifeSTYLE Factories

 

 

 

 

 

 

ライフスタイル・ファクトリーズ LifeSTYLE Factories

おすすめ記事

【エンドレス・サマー】終わらない夏
「夏は終わってしまったけど・・もの足りない・・まだまだ遊びたい」 そうだ! ここではなく夏のあるところに行けばいいんだ!!とただひたすらに夏を追いかけて、理想の波でサーフィンするために、世界を旅する少年の永遠の夢のような映画です。
エクストリーム出社もいいけど、エクストリーム退社のススメ!
【 エクストリーム出社 】もいいけど【 エクストリーム退社 】もやってみよう!! 日常にあそびを取り入れる姿勢に激しく賛成。 定時ダッシュで海へGOしましょう!!
【英語力を維持するために】わたしが実行している3つのこと
【英語力を維持するために】 わたしが実行している3つのこと わたしの英語のレベル まず、英語力なんてだいそれた事を言いましたが、わたしの英語のレベルは・・ ふと、海外に旅行に行っても困らない くらいのたいした事の無いレベル...

 

『ひとすじあざやかに輝きおちる』ショート・ストーリー

 

2台の古いクルマとそれをとりまく家族のストーリー。クルマ大好きな父、僕はクルマとメカには弱い。いまは亡き母。姉も遠い国にいる。ある晴れた暑い日に僕が久しぶりに実家に行くとせっせとジャグワーEタイプを磨く父がいて、そして物語が動き始める。

 

『ひとすじあざやかに輝きおちる』
『ひとすじあざやかに輝きおちる』2
『ひとすじあざやかに輝きおちる』3

 

ショート・ストーリー 『 ひとすじあざやかに輝きおちる 』 4
いかついガイジンは姉ちゃんの旦那さんだった! 慣れたオヤジはまるで洋画のワンシーンみたいにさっと挨拶をかわす。 青いひとみのまだちいさい姪を抱き、5人そろって家族みたいに雨上がりの駐車場へと向かった

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました