マウイ島ウ○コブリブリ事件

コラムと読みもの

まえがき

はじめてハワイ(オアフ島)に一人で行った時はファーストフードすら頼めない酷い英語力だった

それでもレンタカーを3台はしごしたり、プライベートビーチを探してすごく疲れたり、売春婦に追い掛け回されたりもしたけど、ささやかな出会いなんかもあったりした

その後オーストラリアにワーキングホリデーに行き、そしてまたハワイに来ることが出来たけど、今度はマウイにも手を出して、カウアイなんかにもちょっかいを出してみたりしたけど、やはりマウイが一番と思い、何度も通うことになってしまったのであった

 

 

 

行き先はマウイだけど

ひさしぶりに長く休暇が取れたので、海外へと赴く。

行き先はマウイ島。

私たち夫婦は何度となく来ており、慣れ親しんだ、とてもリラックスできるところ。

はじめてここに来た時は、色々まごつく事もあったけれど、今では宿とレンタカーだけを日本で手配し、あとは適当に現地調達や、その場しだいでテキトーにという旅のスタイルを確立しつつあった。

今までとちょっと違うのは、当時まだ4ヶ月の息子が加わったこと。(生まれたばかりともいえますね)

乗り物好きの父の遺伝子を受け継いだのか、お初の飛行機のバシネット※の中でもすこぶる機嫌がよさそうで、泣いたりは全然しない。

異国情緒たっぷりの乗継便

なんなくホノルルに到着し、ここから飛行機を小さめのB737に乗りかえるとマウイまではあともうちょっと。

オアフだけに行っているとなかなかわからないけれど、ほかの島行きの便に乗ると、人種というか人の大きさとか色の違いとかが雑多になる。

180センチにすこし足りないぼくの身長で、日本人としては小さくはないけれど、それが並みに思えるのは列に続いて機内に乗り込むときで、ばかでかいのやら、すごいふとっちょ(これは関係ないか。。でもとても大きく見えます)とか、圧倒的に色の黒いひと、逆に白すぎる人…狭い乗り継ぎ便の中ではいつも自分の存在を強く意識させられる。

 

 

思わぬレンタカーのグレードアップ

マウイ島のカフルイ空港に到着し、いつものようにレンタカーのオフィスに直行す。

男女と赤ん坊という私たちのなりを見て、カウンターのお姉さんは、チャイルドシートを手配してくれたようだけれど、現車に備え付けてたのは・・んー・・少し(かなり)大きいかな・・・まぁアメリカンサイズということで。

ハワイだけれどここはアメリカでもあるのだ。

 

お手ごろなコンパクトカーをお願いしていたのだけれど、何かコンパクトは出払っているようで車の空きがなく、上のランクのグランドチェロキーを同じ値段で貸してくれた。(ラッキー)

空港から出る道のあいだにアメリカの右側通行に強制的に頭を切り替えてしまう。

これはなんどか経験のうちになれてしまったけれど、逆に帰国してからの成田の場外パーキングを出場直後は、帰国した気の緩みからうっかりそのまま右側を走ってしまったりしなくもない(危ない危ない)

ボードは現地調達派

宿までの小一時間の道すがら、サーフショップに寄りレンタルのサーフボードを探す。

はじめてハワイ(オアフでした)に来たときは、日本からボードを持っていったのだけれど、手間やコストを計りにかけると、現地でレンタルというのがベストかなぁと。

もしレンタルがなければ買ってもいい。

日本にくらべ値段は安く、シェイプはハワイの力のある波に合わせてあるし。

さて、肝心のボードも調達したので宿の方へと向かいます。

目的地はホノコワイでカアナパリのちょっと上あたりで、カフルイ空港からは一時間ほど。

高級リゾートのカアナパリも悪くないのだけれど、毎回通ってくると宿代もバカにならず、周辺にも探せばそれなりの宿があって、ホノコワイはそんなに悪くない。

お手ごろな価格でコンドミニアムを見つけられる。 プール付のもあるし。

ショッピングモールで

途中の大きなショッピングモールに立ち寄ることにする。

休憩して腹ごしらえをして、そして今夜は長旅だったので宿にてゆっくりしたいので出かけなくてすむように、あとでなにか夕食らしきものも買っておこう。

モールのフードコートの一角にベビーカーと共に陣取り、一息入れてから、食べたいものを探す。

日本からここまでくるには乗り継ぎもあって、相当な時間が経過しており、慣れてるとは言え疲れもでてくるころ。

カミさんと交代でまだ四か月の息子を見ながら代わりばんこに食事を調達しつつ、テーブルに運び、食べたり飲んだりミルクやったり忙しい。

お腹も落ち着きリラックス、ようやく現地のリズムになじみつつ、シートに大きく背をもたれかけようとした

その時!!!!

あれ、何かおかしい…

「あれ、息子の様子が何かおかしい・・・」

と思ったら、今までにない大量のう○こをオムツの中にぶちまけたらしく、その勢いはオムツからあふれんばかりのもので(実際はみでた。。)

わが息子、無駄に泣いたりはしなかったけれど、ホントは初めてのヒコーキやら海外やらで疲れて緊張もしてたのかなと…親子ともどもリラックスした瞬間にウ○コブリブリブリ。。。

そしてその洪水のごとき物体はオムツ内ではあきたらず、ベビーカーを征服し、フードコートの床にまで流れ出て、その様子たるやまるでキラウェア火山の溶岩みたいだと、向かいの席のいかにもハワイアンの太ったオバちゃんからそう言われてしまったのです。

 

おしまい

(フィクションが数行だけ配合されています)

 

 

※バシネット(bassinet)

ベイビーバシネットともいいます。
機内用の赤ちゃん用の簡易ベッドのことで、おおむね10kgくらいまでの赤ちゃんに適用。

 

ライフスタイルファクトリーの読みものたち

 

コラムと読みもの
ショートストーリー、エッセイやコラム的なもの、旅行記やクルマに関するストーリー、書くのが好きで色々と書いています。 お暇な方はどうぞお楽しみください!!

 

 

はじめてハワイに行った時は

はじめてハワイシリーズ LifeSTYLE Factories