セルシウス・ケルビン・ファーレンハイト

コラムと読みもの

・この記事は2012-11-27にソネットブログに書かれたものをリライトしました

スポンサーリンク

CKF? KFC??

お題の、

セルシウス・ケルビン・ファーレンハイト

なにやら魔法の呪文のようだけれどそうではありません。

それぞれ頭文字を並べると「CKF」

すこし入れ替えると

「KFC」

でなにやらチキンが食べたくなってしまう。

クリスマスにはまだ早い…と、お遊びはここまで。

 

セルシウス ℃

さて、最初の「セルシウス」は、

私たちが日常よく使っている温度の単位で

「摂氏」 ⇒ ℃

例として、

「今日の最高気温は10度までしか上がらないでしょう」 とか、

「私の平熱は36.5度です」 などですね。

日本では通常、温度で何度といえば、

「摂氏」「セルシウス」を指すようです。

ケルビン K

「ケルビン」は絶対温度で、単位は K

太陽の表面温度は約6000Kとか、

液体窒素は77K (−196℃)で沸騰とか、

日常ほとんど使いませんね。

・ハロゲンランプは(単位ケルビン「K」)による表示
例)2400K

ファーレンハイト=華氏 ℉

さいごの「ファーレンハイト」

これもあまり使われず、日本だとなじみが薄い。 単位は ℉

米軍の放送であるAFNで天気予報を聞くとこの単位を使っているようです。

100℉が大体、体温くらいで、 0℉がおよそ-18℃なので、

100℉で超あつい 、 0℉で超さむい

と、ここでは、はしょってしまいます。(簡単な比較表はこちら)

実際に使っているその国で暮らす、旅をするとかしないと感覚として身に付かないでしょう。

(ファーレンハイト=華氏 )

まとめ

最初に記事を書いたのが11月27日であり、「セルシウスさん」の誕生日(1701年11月27日生)を考慮して、最前列ポジションのお誕生席となっています(CFK)

そして日本では、「F」でも「K」でもなく、やっぱり「C」がなじみのようです。

セルシウス、ケルビン、ファーレンハイト、すべて人の名前で、それぞれの功績やゆかりで名前が付けられました。

新しい発見をして、世の役に立つ功績を残せば、あなたの名前が単位として後世に残るかもしれませんよ。

 

 

おしまい

 

 

それぞれの簡単な履歴

・セルシウス = アンデルス・セルシウス(Anders Celsius)
1701年11月27日生まれ 1744年4月25日没
スウェーデンの天文学者で測地学者

・ケルビン = ウィリアム・トムソン(ケルビン卿)
イギリスの物理学者
ケルビン卿の由来はウィリアム・トムソンが研究生活を送ったグラスゴーにあるケルビン川にちなむ

・ファーレンハイト = ダニエル・ガブリエル・ファーレンハイト(Daniel Gabriel Fahrenheit)
1686年5月24日生まれ 1736年9月16日没
オランダで活動したドイツ人物理学者で技術者

簡単な比較

目安として、

常温(15~25℃)の真ん中あたりの20℃だと他はこんな感じ
セルシウス ケルビン  ファーレンハイト
20℃ 293K 68℉

0℃だと
セルシウス ケルビン  ファーレンハイト
0℃ 273.15K 32℉

日本の真夏で猛暑日超えの38℃位で、ちょうど華氏100℉
37.77778℃=100℉

単位変換ツールへのリンク

華氏 から 摂氏へ換算
追加の表や数式の温度換算付きの華氏から 摂氏 (ºF から ºC)への換算ツール