17年17万キロストーリーその7 【 ガス欠には「押す」 その2 】

クルマ 乗り物
 

▼ 最大7円/ℓキャッシュバック

 

 

17年17万キロストーリー LifeSTYLE Factories

 

 

ぼくの家から30分くらいのヤビ〇峠。

そこの峠へ行く途中に展望台があるのだけれど、ここからの夜景がすばらしいというウワサを聞き、彼女をクルマのナビシートにのせそれを眺めに行く。

たいていの女性は夜景に弱いと経験で知っていた僕だけれど、思わぬアクシデントが二人にふりかかります・・

(タイトルでほぼネタバレすみません。。)


<<< 前回のお話  「ガス欠には押す」その1

 

 

 

【ガス欠には「押す」その2】
17年17万キロストーリーその7

 

 

クルマでの夜のデート。

ぼくの家から30分くらいのヤ〇ツ峠へ行く途中の展望台の夜景は近い割には穴場でなかなかいい印象だった。

そこで夜景を眺めたあとの帰りの下りの道。

彼女はゴキゲンなようで、車内はいいムードに包まれていたが・・

 

やっぱりガソリンがもうない!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

あれっ、ガソリン少ないんじゃない?

とその1の冒頭で彼女に指摘されてはいたけど、

ムード重視でカッコつけのぼくは何かこのまま大丈夫じゃないかと錯覚していのだ。

燃料計の針がブラックゾーンに突入しつつあるけど、帰りはほぼ下りなので、あまりエンジンを吹かさずにガソリンを節約しつつ、慣性を生かして転がしていけばなんとかなるかも・・

(エコドライブの原点とも言えます。。)

 

この分なら、大丈夫そうだな

と思ったその時、エンジンが咳こんだような気がしたけれど、すぐに元に戻った。

少ししてから、また咳こむ。

今度はちょっと長い。

そうこうしているうちにエンジン停止・・・やっぱりガス欠だ。 バイクのようにリザーブ※があればいいのに、と思っても始まらない。

だけども、下りなので惰性でそのまま走っていけそうだ。

国道の入り口にスタンドがあったハズ。

 

 

 

 

 

※大きめのバイクですとリザーブコックというのがあり、ここをひねりますと・・アラ不思議・・一旦ガス欠になってもリザーブタンクに切り替わりしばらく走れるという訳です

 

 

国道入り口のスタンドまではあと約2kmくらいだろうか・・・もともとパワステではないので、エンジンが廻っていなくてもハンドルは重くならないけど、ブレーキはサーボが効いてないので感触が堅くなってしまった。

なので、フットブレーキはあまりあてにしないようにして、必要な時だけサイドブレーキで間に合わせる。

そんなこんなで、あともう少し(300mくらいかな)で国道のスタンドという時に強敵が現れたのだ。

それは登り坂!!

 

 

 

惰性も尽きて、クルマは停止してしまったので・・かくなる上は

押す

しかない。

 

幸いにも上り坂はきつくなく、500kg台という軽量な車体なので、勢いをつければ何とかなりそうだ。

最初は二人で後ろから押して勢いをつけてから、僕が運転席の窓越しにハンドルをつかみつつ、進路をコントロールしつつ押しもする。 彼女には後ろから押してもらうばかり。

スポンサーリンク

 

ようやく見えてきましたよ「下り坂」が・・ここでもったいないけれど一旦止まって、疲れた彼女を車内に乗せてまた惰性で走り出す。

スタンドはもうすぐそこ。

「あれがパリの灯だ」

とでも言いたいくらいに、スタンドの看板と照明がありがたく見え、そこへ音もなくすべりこんで行く。

スタンドの店員さん曰く、「静かなクルマですねぇ」って、エンジンかかってないんだから、そりゃそうだ。。

このあと彼女から、どれだけ責められたかはご想像におまかせいたします。。

 

 

 

 

17年17万キロストーリーその7【ガス欠には「押す」その2】
おしまい

 

 

 

>>>次回話その8 クラッチワイヤー切れ

 

 

※危険なのでマネをしないでください。
こういう場合はハザードを焚いてロードサービスをよびましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

17年17万キロストーリー LifeSTYLE Factories

 

 

次回話その8「クラッチワイヤー切れ

女性を乗せているとなぜかトラブルに見舞われるという、なにかマーフィーの法則めいたもの・・・

高速を使い栃木にある遊園地で一日楽しんだ帰りに、

やっぱりか

 

 

スポンサーリンク

 

 

■ 前回の話

17年17万キロストーリーその6 【 ガス欠には「押す」 その1 】
「あれっ、ガソリン少ないんじゃない?」とメーターパネルをチラ見する彼女。とある峠の夜景スポットがすばらしいとウワサを聞きクルマで夜のデートだったけど、このあとの二人に起こる試練を知る筈もなかった・・・

 

 

 

 

 

いろいろ補足と余談

・この時代にはまだ油圧のパワステが主流です

・原付でもリザーブコック有の車種はありましたね
(設計的にコスト高 タンクの構造 パイプの引き回し等 省略されても仕方ない??)

 

スポンサーリンク

 

・クルマでガス欠は3回やらかしました。。

このクルマでもう一度、ひとりの時に、平地でスタンドまで「押し」ました

あと一回はEG8のシビックで、これは1tちょっとありスタンドも近くにないので、自宅まで2kmほどヒッチハイクし、このマーボーでスタンドへ行き携行ガソリンタンクに給油して、現場に向かうという・・あんまりロードサービスも携帯電話も充実してないころのお話・・・

 

 

 

 

 

 

17年17万キロストーリー LifeSTYLE Factories

 

 

17年17万キロストーリーその19 【 海を渡る 】 
クルマでそのまま海は渡れませんが、おフネを使って島までイケました・・潮まみれのマーボーと港でご対面。 これって大丈夫かなぁ?? そして、島でのクルマ生活をエンジョイしようとした矢先に、やっぱりハプニングが。。

 

17年17万キロストーリーその5 【 スタッドレスに感動 ! ! 】
はじめてのスノーボードは乗り合いバス。2度目は自分のクルマで出陣もノーマルタイヤ+チェーンで2回連続のスピンという屈辱。。3度目の正直は【スタッドレス】にしてかなり快適でしかも安全な雪道ドライブ。そしてそのグリップは???

 

17年17万キロストーリーその6 【 ガス欠には「押す」 その1 】
「あれっ、ガソリン少ないんじゃない?」とメーターパネルをチラ見する彼女。とある峠の夜景スポットがすばらしいとウワサを聞きクルマで夜のデートだったけど、このあとの二人に起こる試練を知る筈もなかった・・・

 

 

 

当サイトのおすすめ記事

 

お時間のある方、よろしければ当サイトの記事でお楽しみください

 

いちばん人気のTipsカテゴリー

Tips
■エアコン一台だけの全館空調でエコも快適も両立! ■わが家のWi-Fi不正侵入事件にさっそく捜査開始!! ■超速!!4分で出来るたまごサンド ■4つの○○○であなたもキレイに日焼けできちゃう・・など人気記事詰め合わせ

 

 

わたしの逸品シリーズ

わたしの逸品
そのコンセプトは【長く使えて、よいもの】キッカケは・・ひとめぼれ、プレゼント、ボーナス買いetc・・など様々だけど、気が付いたら何十年も使っていて身の回りを満たしていた、手帳、料理道具、ブーツにメガネにスピーカーやお気に入りの文具たち