「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」

映画と音楽

 

突然ですが・・

タラバガニ

は漢字で書くと・・・

鱈場蟹

と書くそうです。

 

 

 

 

たぶん漢字で書く人は・・まず、いませんよね。。


 

なんでタラバガニ??

かといいますと、この映画で流れる音楽の空耳がタラバガニ。

スペイン語が聞き取れないわたし、というか・・たいていの日本人はこの映画、

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」 

のテーマ曲ともいえる、

「Chan Chan」

をきくと、

「〇×△■ タラバガニ~」

と空耳で聞こえてしまうのではないでしょうか。

腹がへってたらなおさらですね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、ここからはちょっとカッコよく、気分を変えましょう!!

「地球上で一番セクシーな音楽。 天国に近い至福の瞬間がここにある!」

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブへようこそ! !」

こんなコピーでプロモーションされるこの映画は、キューバ音楽に魅せられたという、ヴィム・ヴェンダースとライ・クーダーの二人が、撮影クルーを伴いキューバを訪れたときの模様が多く描かれいて、映画というかたちをとっていますが、ドキュメンタリーに近いかなぁとわたし的には思いました。

 

 

 

 

誤解を恐れずに言ってしまえば、良質のサーフィン映画をみている気分で、それはストーリーは無いに等しくても、そこにはみずみずしい映像にマッチした音楽があって、こういうのはとても心地のいいものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この作品にはメインのキューバだけでなく、アムステルダムでのコンサートや、ニューヨークのカーネギーホールでの歴史的ステージも収められていて、それらのシーンも貴重なものではあるのだけれど、観終わったあとのアタマの中にはキューバのハバナでの残像が取り残され、音楽がそれにかならず重なります。(わたしの場合)

 

 

 

 

この映画のもっているエネルギー・・現場感というか臨場感というか、それにさらされ、いつのまにか、その世界をに引き込まれてしまいました。

キューバ音楽を知らないわたしにも、その音と映像がとっても心地よく感じられて、

「キューバ行ってみたいっ」

と単純に思ってしまいました。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

タラバガニ~に聞こえる

Chan Chanの歌いだしのコーラス部

De Alto Cedro voy para Marcané
Llego a Cueto voy para Mayarí

 

スペイン語に詳しくないわたしの耳だと、

デアルトセドロ パラマカニ

と言ってるように聞こえ、このパラマカニの部分が

日本人的にはタラバガニに脳内変換されるようです

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

ライフスタイル・ファクトリーズ LifeSTYLE Factories

映画と音楽

映画と音楽
ライフスタイル・ファクトリーズの映画と音楽の記事たち

 

 

 

当サイトのおすすめ記事

 

お時間のある方、よろしければ当サイトの記事でお楽しみください

 

いちばん人気のTipsカテゴリー

Tips
■エアコン一台だけの全館空調でエコも快適も両立! ■わが家のWi-Fi不正侵入事件にさっそく捜査開始!! ■超速!!4分で出来るたまごサンド ■4つの○○○であなたもキレイに日焼けできちゃう・・など人気記事詰め合わせ

 

 

わたしの逸品シリーズ

わたしの逸品
そのコンセプトは【長く使えて、よいもの】キッカケは・・ひとめぼれ、プレゼント、ボーナス買いetc・・など様々だけど、気が付いたら何十年も使っていて身の回りを満たしていた、手帳、料理道具、ブーツにメガネにスピーカーやお気に入りの文具たち