「ライフスタイルを豊かに」記事の強化月間を実施中です!

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」

映画と音楽

 

突然ですが・・

タラバガニ

は漢字で書くと・・・

鱈場蟹

と書くそうです。

 

 

 

 

 

 

たぶん漢字で書く人は・・まず、いませんよね。。


 

なんでタラバガニ??かといいますと、この映画で流れる音楽の空耳がタラバガニ。

スペイン語が聞き取れないわたし、というか・・たいていの日本人はこの映画、

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」 

のテーマ曲ともいえる、

「Chan Chan」

をきくと、

「〇×△■ タラバガニ~」

と空耳で聞こえてしまうのではないでしょうか。

腹がへってたらなおさらですね。。

 

 

 

 


 

さぁ、ここからはちょっとカッコよく、気分を変えましょう!!

「地球上で一番セクシーな音楽。 天国に近い至福の瞬間がここにある!」

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブへようこそ! !」

こんなコピーでプロモーションされるこの映画は、キューバ音楽に魅せられたという、ヴィム・ヴェンダースとライ・クーダーの二人が、撮影クルーを伴いキューバを訪れたときの模様が多く描かれいて、映画というかたちをとっていますが、ドキュメンタリーに近いかなぁとわたし的には思いました。

誤解を恐れずに言ってしまえば、良質のサーフィン映画をみている気分で、それはストーリーは無いに等しくても、そこにはみずみずしい映像にマッチした音楽があって、こういうのはとても心地のいいものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

さて、この作品にはメインのキューバだけでなく、アムステルダムでのコンサートや、ニューヨークのカーネギーホールでの歴史的ステージも収められていて、それらのシーンも貴重なものではあるのだけれど、観終わったあとのアタマの中にはキューバのハバナでの残像が取り残され、音楽がそれにかならず重なります。(わたしの場合)

この映画のもっているエネルギー・・現場感というか臨場感というか、それにさらされ、いつのまにか、その世界をに引き込まれてしまいました。

キューバ音楽を知らないわたしにも、その音と映像がとっても心地よく感じられて、

「キューバ行ってみたいっ」

と単純に思ってしまいました。。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

ライフスタイル・ファクトリーズ LifeSTYLE Factories

 

【エンドレス・サマー】終わらない夏
「夏は終わってしまったけど・・もの足りない・・まだまだ遊びたい」 そうだ! ここではなく夏のあるところに行けばいいんだ!!とただひたすらに夏を追いかけて、理想の波でサーフィンするために、世界を旅する少年の永遠の夢のような映画です。
お寺のスピーカはBOSE・ボーズ・坊主?
母方のスカイツリーに近いお寺さんでの法事。 本堂の天井にブラケットでぶらさがっている、黒い四角い箱のメーカが気になりつつ・・お経のリズムがここちよい・・いい音楽にも似たそのあまりのここちよさについ

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました