【仕事をしながらズボラに出来る】ゴーヤの簡単な育て方 (その1発芽迄)

Tips

↑自宅で収穫したゴーヤたち

栽培地は神奈川県の真ん中あたりの自宅の庭ですが、

季節的にはだいたい大型連休前に準備が出来てるといい感じです

 

毎年こんなのが収穫できます

 

 

実だけでなく、花もかわいい

 

標準的なまき時

北海道:5月上旬~6月下旬
寒地:4月下旬~6月中旬
平地:4月中旬~6月上旬
暖地:3月上旬~5月下旬

 

【仕事をしながらズボラに出来る】ゴーヤの簡単な育て方(その1発芽迄)

スポンサーリンク

まずは種

は買って来てもいいですが、うちは収穫したから、とっておいたたちをもとにいつも育てています。

これをこのまま植えてもなかなか発芽しないので、ちょっと人間がお手伝い。

 

 

ゴーヤの種:このままポリポリと食べれちゃったりもします

 

\種は市販品を買ってもOKです/

 

種を発芽させやすく

・発芽させやすくする為に、種の一方のちょっと尖っている部分だけを

・爪切りなどを使い、中身を傷つけないように皮?の部分だけを切ります

・こんな感じで切ってしまいます

 

ニッパーなどで作業がオススメ(爪切りは慣れないと種の中を切る可能性アリ)

 

発芽に必要な水分

そうしましたら、発芽に必要な

「 水 分 」 と 「 温 度 」

を与えていきます。

・小さな皿などにキッチンペーパーかティッシュペーパーなどを敷き、
水でひたひたにして種をのせます(ビンのフタなどでも代用可)

※ 水は多すぎてもダメ 入れすぎに注意
種が呼吸できるように「ひたひた」にです

あとは温度

そしてあとは「温度」で、暖かめで、あまり明るくない所がいいとのことで、うちでは

「 冷蔵庫 」

の上にこれをおいています。

「冷蔵庫」からの放熱で結構あたたかいので、

「乾きには注意」

一日二回くらいは様子をみつつ水を補給して、待つこと一週間くらいしますと・・・

・こんな具合に芽が出てきました

 

・拡大図

 

芽が出たら

芽が出たところで、こんどは小さな鉢へと植え替えて苗にしていきます。

これは次のステップなので、また次回ということで。

 

 

 

 

 

次のステップへ

はじめの芽が出るまでにまあまあ時間と手間がかかると思います。

そして次の その2「苗にする」 では発芽したものを小さな鉢へと植え替えて苗にしていきます。

芽を出させて苗にするまでがすこし面倒ですが、地植えにして伸び始めてしまえばこっちのもので、タイトル通りにズボラで行けると思います。

とにかく失敗したくないという方はホームセンターなどで苗を買ってしまいましょう。

 

 

その2「苗にする」に続きます

 

【仕事をしながらズボラに出来る】ゴーヤの簡単な育て方 (その2 苗にする)
身がなって、花も楽しめる、そしてグリーンカーテンで涼しくと、1粒で三度おいしい。家庭菜園でいちばん簡単!!フルタイムで仕事をしながらでもズボラに出来ちゃうゴーヤの簡単な育て方!!