【砂浜に落ちる】 17年17万キロストーリーその16

クルマ 乗り物
 

▼ 最大7円/ℓキャッシュバック

 

 

17年17万キロストーリー LifeSTYLE Factories

 

伊豆の美しい某ビーチでの出来事

・・・・・・

海の近くに住んでいた時期もあったけど、遠くの海でもサーフィンをするためには移動手段が欠かせない。

クルマがそのもっとも適した手段で、道具一式に浴びる水などを積み込み、どこへなりと出かけていった。

 

 

 

<<< 前回のお話  【バッテリー上がりその2】

 

 

【砂浜に落ちる】

17年17万キロストーリーその16

スポンサーリンク

クルマでサーフィンに行く理想のポイントは、波があって水もキレイで駐車場が近くでしかも無料のところなんだけど、そういう所はなかなかなくて、特に夏は駐車場の料金が高くなったり、無料のところが有料になったりする事もある。

今回は彼女が一緒という事で、うちからはそんなに遠くない日帰り圏内の伊豆のビーチ。

ここはとてもキレイなビーチで、海に入っていても駐車場の自分のクルマが見える理想の環境で、沖で潮に流されない為の目視確認を自分のクルマで出来てしまうのだ。

温水シャワーも有料だけどある。

 

 

 

 

もう、このビーチにぼくは何度となく来ていて、彼女ともはじめてではなく、夏にも来たばかり。

夏の間は彼女にボディーボードをもたして一緒に海に入ったりもしたけど、秋が深まってくるとよっぽどの物好きでないと海に入るっていうのはしんどいみたいだ。

この日の天気は気持ちのいい秋晴れで11月の事。

風はオフショアがやや強めに吹き、浜で待つには晴れていてもちょっとしんどいけど、天気はいいのでクルマにいれば快適で、しかも目の前はすぐに海だから気分は悪くないはず。

 

 

 

 

ほくが海に入ってしまうとなかなか上がってこないので(たいていのサーファーはそう)、彼女はお気に入りの文庫本やCDやらをしっかりと持ってきていて、海近のクルマ内の陽だまりで快適にすごすはずだったのだけれど・・・

 

 

>>>次回話「砂浜からの脱出」につづきます

 

 

 

17年17万キロストーリー LifeSTYLE Factories

 

次回話 「砂浜からの脱出」

 

海に入ると、時間を気にするのはおっくうになってしまう。

待たせてしまう彼女へのケアとして防寒と防風はクルマでオッケーで、暇つぶしも色々持ってきているようだし・・

「心置きなく、遠慮せず、そして時間を気にせずに」

海に入っていれる。

・・・と意気込みすぎてしまった時には「なにか」が起こりがちなもの。

 

 

■ 前回の話

【バッテリー上がり2】 17年17万キロストーリーその15
遊園地で一日遊んで、さあ帰ろうと言う時のまさかのバッテリー上がり。。内心かなりあせったけれど、彼女の手前、表面上は冷静に・・手際よく、ブースターケーブルを取り出して、助手席の彼女に「ちょっと待ってて」と、さもすぐ直るかのようなそぶりで声をかける。

 

 

 

 

日本の海の駐車場事情など

ハワイでは無料の海近の駐車場はあたりまえでシャワー完備だったりしますが、ここ日本ではなかなかそうも行きません。

本文にも書きましたが、無料でも夏場には有料、安い料金でも夏には跳ね上がるなんてのが多いみたいです。

路駐は駐車違反や車上荒らしに何度かあいましたのでおススメしません。

今回のように「やらない」連れがいて、寒かったり、風が強かったりする場合はクルマのなかで待ってもらうことになるのだけど、そんな時も駐車場が近いにこした事はありませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

17年17万キロストーリー LifeSTYLE Factories

 

 

17年17万キロストーリーその19 【 海を渡る 】 
クルマを芝浦埠頭へ貨物として持ち込み、しばしの別れで別行動・・甲板で潮まみれになってしまったマーボーと八丈の八重根港でご対面 これって大丈夫かなぁ?? そして、島でのクルマ生活をエンジョイしようとした矢先に、やっぱりハプニングが・・

 

17年17万キロストーリーその5 【 スタッドレスに感動 ! ! 】
はじめてのスノーボードは乗り合いバス。2度目は自分のクルマで出陣もノーマルタイヤ+チェーンで2回連続のスピンという屈辱。。3度目の正直は【スタッドレス】にしてかなり快適でしかも安全な雪道ドライブ。そしてそのグリップは???

 

17年17万キロストーリーその6 【 ガス欠には「押す」 その1 】
「あれっ、ガソリン少ないんじゃない?」とメーターパネルをチラ見する彼女。とある峠の夜景スポットがすばらしいとウワサを聞きクルマで夜のデートだったけど、このあとの二人に起こる試練を知る筈もなかった・・・