「ライフスタイルを豊かに」記事の強化月間を実施中です!

4つの○○をすると、キレイに自然な感じで日焼けできる

Tips

4つの○○をすると、キレイに自然な感じで日焼けできる

キレイに自然な感じで日焼けするためにはどうすればいいか、わたしの長いアウトドア経験でたくさんの紫外線にさらされた経験から、提言をしてみたいと思います。

キレイで自然な日焼けといえば

■ 小麦色

■ 境目がない

■ 健康的に見える

など、あくまでも、

「自然な感じ」

が好ましいと思うのですが、どうでしょう?

 


これとは反対に

■ 不自然に黒すぎる

■ 赤くなってしまった

■ まだら、皮むけ

そして、

■ 境目がみっともない (明らかに土方焼け)

などは、その道の人でないと、少し恥ずかしいかもしれませんね。

「不自然な感じ」はちょっと・・・

日焼けに関しては個人差がありますので一概には言えませんが、アウトドアで長くすごしたわたしの経験から、「自然な感じ」に日焼けするためには、以下の4点を気をつけるといいのではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

気をつけるべき4つの事

いきなり焼かない  徐々に焼く

当たり前のことだけれど、いきなりというのは、肌に体にも負担がかかります

 

日中はできるだけ焼かない

下地が出来るまでは、強い日差しは避ける、あるいは時間を短く

※日中の紫外線は波長が短い = 肌や細胞を貫通しやすい

 

サンスクリーン併用

日差しの強さに応じてサンスクリーン(日焼け止め)を使う

※鼻やほほなど焼けやすい部分はは多めに

 

水につかりながら

肌に水分を与える、温度を下げるなどの効果がありキレイに焼けやすいですが、水辺は紫外線の強い所が多いので、油断は禁物ではあります

※水や海岸などの照り返しに注意しましょう


まとめ

はやく焼きたい、もっと焼きたい、カッコよく見せたいなどの気持ちもわかりますが、日焼けというのはその人と太陽とのお付き合いの結果ですので、見る人がみれば「にわか焼き」はわかってしまいます。

無為にただただ焼くということではなく、

野外での活動を充分に楽しんだ上で、結果焼けてしまった・・

くらいがちょうどいいのではないでしょうか。

いずれにせよ、

日差しの具合や体調を見ながら太陽とお付き合い

というのが、キレイに(そして健康的に)日焼けするために大事なことと思います。

 

さいごに

わたしは男性で地黒な方なので、20代の前半までは、

日焼け止めなんか必要ない ! と思っていましたが、

はじめて海外(ハワイ)に出て、日本よりも強い紫外線にさらされてその怖さを知り、それからは使うようになりました。

そんな日焼け止めを使用していても長年の紫外線の蓄積は、あとあと「しみ」となってしまうようなので、早めのケアが大切ではないかと今は思います。

ムリをせずに、太陽とうまく付き合うようにしたいですね。

 

 

おしまい

 

 

・ベースとした過去の記事

キレイに日焼けするために 2014-08-02  Sonetブログ

もうすぐ梅雨明け キレイに日焼けするために 2015-07-15 Sonetブログ

スポンサーリンク

 


日焼け前のケア・アフターケア

 

 

 

食べる、塗るなどのアフターケアも忘れずにしたいものですね

 

 

 

 

 

 

ライフスタイル・ファクトリーズ おすすめ記事

【キケンな離岸流!!】水の事故防止の為にわたしの危ない経験をシェアします!!
年毎に繰り返され、いっこうに減らない水の事故のニュースを聞き、海や川でのヤバイやらかし実体験をさらします!シェアします!水の事故防止の為に・・水の怖さを伝えたい!!

 

■ はじめてハワイシリーズ LifeSTYLE Factories

 

【会社やめたぞハワイに来たぞ】(海外はじめて)その4 やっとビーチヘ!
ファーストフードすら注文できないレベル・・のぼくの英語・・・店員の混血のおネエちゃんには睨まれっ放し。。でも気を取り直してビーチ行きます! さて、いい波をゲットできるのか??

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました