g (ジー)

コラムと読みもの
スポンサーリンク

 

きょう9月6日は、小説家、SF作家として有名な、星 新一さんの誕生日なので、わたしもちょっと影響されて、SFまがいのものを書いてみようかと思います。

それではどうぞ・・・

(オリジナルは2015年のものです)

 

 

 

g (ジー)

とある、近いような遠いような未来のお話。

長年の間、未発見の素粒子だった、重力子(グラビトン)が、ようやく発見されたのだけれど、それを集積する技術が確立されるまでに、さらに10年を要してしまっていた。

けれども、「素粒子プリンター」はすでに、21世紀中に開発済となっていたので、重力子(グラビトン)さえ集めてしまえば、この「素粒子プリンター」でそれを加工し、その反粒子である、反重力子(アンチグラビトン)さえも生成する事が可能になっていた。

 

 

 


 

この、

反重力子(アンチグラビトン)

は、産業用に使い道がとても多く期待され、その開発の行く末が多くの人の関心の的だった。

これには、名前の通りに反重力の働きで、重力、すなわち「重さ」を低減してくれる効果がある。

 

 

 


 

重さの低減、すなわち「軽くなる」ということは、まず交通や物流に革命的な効果をもたらし、産業への応用範囲は裾野が見えないほど無限にあるといっていい。

長らく地上での恒久的な無重力は技術的に無理だったけれど、この反重力子(アンチグラビトン)の重力低減効果が、さきほど述べた、陸海空の交通手段のエネルギー軽減などをはじめとして、物流への応用や、他にもさまざまな分野での実験が開始される運びになった。

けれども、まだその製造コストはとても高く、使用できる分野は限られていて、手始めに、いちばんお金をかけられる医療分野での患者の負担軽減、主に介護などにまず臨床が行われるようになりました。

 

 

 


 

そういった成り行きから、しばらくしてようやく一般向きに発売されることになった、お初のその商品名は・・・

「パーフェクト ・ スリーパー」

というもので、その上で寝ると、体重が2/3くらいになったように感じられるベッドのようなもので、質量そのものは変わらないけど、例えば体重60kgの人なら40kgの軽さで寝られ、それはとてもよく眠れるらしいとのふれこみ。

反重力子(アンチグラビトン)を使用した、初の市販反重力ベッド、「パーフェクト・スリーパー」

俗称は、

「 宇宙ベッド 」

気になるお値段は、市販化されたとはいえ、まだ庶民にはたやすく手が出せるものではありませんでしたが、それから、しばらくして・・・

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ■ 次回話

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

g (ジー) その2

g (ジー) その2
近未来のお話 未発見の素粒子だった、重力子(グラビトン)の発見 その技術を応用した商品名「パーフェクト ・ スリーパー」で俗称は「 宇宙ベッド 」 まだまだ値段はお高いものだったけど、このテクノロジーも例外にもれず

 

 

 

関連記事

雑学大好き 「アシモフの雑学コレクション」  (星 新一 翻訳)

雑学大好き 「アシモフの雑学コレクション」: ライフスタイル・ファクトリーズ
雑学が大好きなわたしにはたまらない本だけど、基本、誰にでも楽しめる本だと思います。 たしか、マウイに行くとき、成田空港の売店で買ったと思います。 旅の「おとも」になかなかいいです。 アシモフの雑学コレクション (新潮文庫)作者: アイザック アシモフ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1986/07

夏休みのお勉強「素粒子」

夏休みのお勉強「素粒子」: ライフスタイル・ファクトリーズ
  夏休み、子供や学生には宿題がありますね。 大人も「暑い、暑い」とばかり言っていないで、 たまには勉強くらいしないと、あっというまに追い越されてしまう・・・でしょう。 【ニュースミニ】クオークの世界 最前線 現在の物理学において、 「素粒子」 とは、物質を構成する最小の単位。 その理解を難

ヒッグス粒子発見→Newton→ナショジオ→竹内均先生

ヒッグス粒子発見→Newton→ナショジオ→竹内均先生: ライフスタイル・ファクトリーズ
「ヒッグス粒子」発見とのニュースです。 なにやら世紀の大発見のようで嬉しいけれど、「素粒子」である、「ヒッグス粒子」が、何なのか正直、理解しているとは言いがたい・・・ 強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)作者: 大栗 博司出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2013/0

 

▼ コラムと読み物

コラムと読みもの
ショートストーリー、エッセイやコラム的なもの、旅行記やクルマに関するストーリー、書くのが好きで色々と書いています。 お暇な方はどうぞお楽しみください!!

 

スポンサーリンク